なぜアダルトチルドレンは他人に対しても愛情を注げないのか?

配偶者がアダルトチルドレンで悩んでいるという方も増えてきています。

アダルトチルドレンは人間関係がうまく築けないので、配偶者に必要以上に強い期待を持つことや、強い依存、逆に愛情を注げないなどの問題が出てきます。

これがエスカレートすると、DV(ドメスティックバイオレンス)や、言葉の暴力、借金をして配偶者に負担させるなどの問題行動が出てくるケースもあります。

男女問わず、配偶者が理不尽な事で暴言が繰り返される、暴力をふるうなどの問題行動が多い場合には、精神科や心療内科、またはカウンセリングに行くことを勧めるというのもひとつの方法です。

夫婦間の共依存の関係

配偶者がアダルトチルドレンの場合には、相手に依存される事で自分の存在価値を見出すというような共依存の関係に陥ってしまう事も多いようです。

共依存の関係とは、ダメな人だけど自分が支えてやらないとこの人は生きていけない…と、根本的な解決(精神科への通院やカウンセリング)を先送りにし、配偶者が我慢をして耐え忍ぶというケースです。

相手に対して過剰に愛情を注ぎすぎるというのも甘やかしに当たり、ダメな人間のまま自立をさせず、問題を長引かせてしまうという点では、相手にうまく愛情を注げない事と同じように問題があります。

この夫婦の関係性の問題は、アルコール依存症の問題でもよく見られます。共依存の方は元々アダルトチルドレンやパーソナリティー障害の人がなりやすいとも言われています。

配偶者や恋人にうまく愛情を注げない、暴力など問題行動を起こしてしまうという場合には、自分自身や相手が精神的な問題を抱えている事がありますから、医師やカウンセラーなど、第三者の意見を聞いて対処するという事が解決への近道になります。

夫婦や恋人同士の関係は、プライベートな事が多いのであまり他人に話をしたくないと思うかもしれませんが、相手との良好な関係を長続きさせるためには、問題を根本から解決される事が大切ですね。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ