毒親から解放されるために!本当に効果のある3つの対処法とは?

毒親という言葉が社会的に認知されるようになってきました。毒親をテーマにしたドラマや小説なども作られるようになり、自分の親が「毒親」だと自覚することができた人も多数います。

毒親に苦しめられている場合、行動しなければ永遠に自分らしく生きることはできません。しかもその対処には正しい方法があるのです。毒親の扱い方を間違えてしまうと、あなたと親との関係はますます泥沼化。

そうならないための、正しい毒親対処法を紹介します。

毒親ってどんな親のこと?親が子に与える「毒」の正体とは?

毒親という言葉が知られるようになりました。しかし、ヒステリックなイメージが先行してしまっている状況であることは否めません。毒親の本質とはかけ離れた理解がなされていることも少なくないのです。

毒親に対処するために、毒親の正体を知る必要があります。

毒になる親とは?

毒親とは、毒になる親の略語です。本来親は、子供が健やかに成長するための栄養を与える存在。しかし毒になる親とは、栄養の代わりに子供にとって毒になるものを与えてしまうのです。

親が与える毒とは、どんなものなのでしょう?

毒の種類

親が与える毒にはいくつかの種類があります。代表的なものを紹介します。

    <親が与える毒の具体例>

  • 子の意見を無視する
  • 年齢にふさわしくない扱いをする
  • 子に親の役割をさせる
  • 子の独立心を認めない
  • 年相応の性的発達を嫌悪する
  • アドバイスではなく指示・命令をする
  • 「あなたのために~」と言って間接的にコントロールする
  • その時々で正反対の言動をする
  • 否定から入る会話

毒の正体とは?

親が与える毒とは、子供が幸せになることを妨げてしまうものすべてを指します。親が子供のためにできることは、身体的なケアだけではありません。子供自身で幸せを感じ育む力をつけることもそのひとつ。

これらはすべて子供にとって栄養となります。逆に、子供が幸せを見いだせない状態にさせてしまうあらゆる言動が毒なのです。

毒親が与える影響とは?毒に侵された子供はどんな特徴をもつ?

親から与えられる毒の影響はとても強力です。とくにその時期が幼ければ幼いほど、深く侵されることになります。毒親の影響を受けてしまった子供たちに特徴的な言動を紹介しましょう。

毒親に育てられた子供の特徴

毒の種類が何であれ、毒親に育てられた子には一定の共通点が見られます。毒親の影響を受けた人に特徴的な言動をまとめました。あなたは当てはまりますか?

    <毒親に育てられた人の特徴>

  • 根拠のない罪悪感を覚える
  • 休むこととサボることの違いがわからない
  • 自分は幸せになってはいけないと思う
  • 感情をコントロールできない
  • いい子でいないと不安
  • 出世や肩書などへのこだわりが強い
  • 劣等感が強い
  • オシャレや結婚、恋愛などに積極的になれない

毒親への正しい対処法!①自分は毒されていることを自覚する!

毒親から解放されるためには、正しい手順を踏んで対処していく必要があります。そのための最初のステップが「自覚」です。客観的に現実と向き合うことが、解毒の第一歩となります。

毒は簡単に抜けない

毒親の影響は、とても幼いころから始まります。少しずつジワジワとあなたを蝕んできました。その毒は、それこそ細胞の隅々まで行き渡った状態。あなたの思考や行動すべてを支配しています。

毒は簡単には抜けないこと、毒抜き作業は時に辛く苦しいものになることを肝に銘じる必要があります。

自分は毒されている状態であることを知る

毒親の言動は非常に巧妙なため、それが薬であるかのように思い込ませることもあります。「あなたのため~」という言葉がその典型です。

このタイプの場合、親の言動は薬ではなく毒であることを見抜くのは非常に困難。自分の親は毒になる親であること、自分は毒されていること、を知らなくてはいけません。

毒親への正しい対処法!②これまでにたまった思いを表出する!

毒親によって、無意識のうちに「自分」を封じられてきたあなた。心の中に様々な「本心」がたまっています。

それはまるで膿のようなもの。膿を完全に出し切ることで、回復と再生が始まるのです。

直接伝えなくてもいい

これまでに感じた怒りや苦しみ、悲しみなどを思うままに表出しましょう。その際、直接親に伝える必要はありません。

手紙を書く、大きな声で叫ぶ、親に見立てた「モノ」にあたる。なんでもいいのです。重要なのは、すべて出し切ること。もちろん、何度も繰り返してかまいません。

すべてを悪くとらえない

毒親の言動の中には、気まぐれに「本当のやさしさ」が混じっていることがあります。毒と薬は紙一重。なかには、うれしかったことや楽しかった思い出などもあるのが実情です。

これらの記憶が解毒作業を邪魔するケースは非常に多いもの。親を完全に「毒」とみなすことを妨げてしまうからです。

ですが、100%の悪など存在しません。「よかった部分もあったけど、私の親は毒だった」でいいのです。

毒親への正しい対処法!③精神的・物理的に絶対的な距離をとる!

毒親にとって子供とは、自分の思いどおりになる道具のようなもの。簡単には自立を認めません。あの手この手を使って、あなたを自分のそばに縛り付けようとします。

常に毒を注ぎ続けるためです。

これ以上毒を増やさないために

あなたがどれほど解毒作業を行っても、新たな毒が追加されていく状況では何も解決しません。毒の供給源である親から離れる必要があります。

精神的・物理的に親との距離をとってください。引っ越しや電話番号の変更、連絡を絶つなど、強制的に距離をとることで、毒親の影響下から抜け出します。

優しい言葉に騙されない

あなたの自立の兆候に気づくと、毒親はあらゆる手段で阻もうとします。時にそれは魅力的な悪魔のささやきのようにあなたの心を揺さぶるのです。

ですが、絶対に耳を貸してはいけません。それはその場しのぎの「偽の愛情」に他ならないのですから。

対処法を間違えると泥沼化も!毒親と同じ土俵に立たないために!

巧妙な手段を用いて、あなたの隅々まで毒を注ぎ込んできたのがあなたの親です。あなたがあなたとして自分の足で立つことを防ぐため、巧みに「パパ・ママのお人形」に仕立て上げてきました。

その糸を切り、あなたの中から完全に毒を抜くのは簡単なことではありません。まずは親が毒であったことを認め、その親から離れるという強い意志が求められるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ