あなたなしでは生きられない!アダルトチルドレンと共依存の因果関係とは?

アダルトチルドレンには、「可哀想と思う気持ち」を「愛」と認識している人が多くいます。可哀想だと思ったら、胸が締め付けられるように何かしてあげたいという衝動を感じるのです。

できることならその人を守る天使になりたい、というようなロマンチックな思いを抱くこともあります。これのどこに何かいけないことがあるというのでしょうか?

アルコール・薬物依存症!その症状とは?

肉体的依存とは?

アルコール(または薬物)依存症という病気があります。段階がいくつかあって、それに伴ういろいろな症状があるのですが、大きく精神的依存と肉体的依存のふたつに分けて考えることができます。

習慣的な摂取により、少しの量では肉体的な影響を受けなくなるとか、アルコール(または他の薬物)の体内の濃度がある程度低下すると起きる、いわゆる禁断症状というものは肉体的依存の症状です。

精神的依存とは?

精神的依存の症状には、たとえば、

  • 予定を立てるときに、飲酒の機会を必ず予定に入れる
  • 飲酒の機会のない活動には参加しない
  • 社交に飲酒が必要
  • 大きなストレスを飲酒によって解消しようとする
  • 飲酒できない時に次の飲酒の機会について考えることによって心が落ち着く
  • 自分の飲酒に関して偽る

などがあります。

共依存とは?アルコール依存症のもう一人の犠牲者!

救いの天使?

依存が進んでいくと、普通の社会生活にほころびが出てくるようになります。たとえば、遅刻や欠勤が続くとか、友人関係のトラブルなどです。さて、この人に仲の良い家族か友達があるとして、そういった窮地からこの人を助け出すために、代わりに言い訳をしてあげるとか、アリバイ工作に加担したりするとします。

専用助け舟!

この救済が一度や二度でなく習慣化すると、この二者には込み入った関係が出来上がります。後者は、常に前者の助け舟としての役割を担うようになるわけです。この状態を経験する人々の中に、共依存といわれる症状が出てくることがあります。

アルコールや薬物を摂取しない依存症?共依存について!

共依存の症状は、精神的依存の症状とよく似ています。違うのは、依存の対象がアルコールや薬物ではなくて、そのような依存症をかかえる人物だという点です。彼らの生活の全てが、依存症の人物を中心に回り始めるようになります。

共依存とは?

たとえば、

  • その依存症の人物以外の人との予定を立てられない
  • その人物と共にいない時間も、その人物の窮地を予想したりするので、楽しめない
  • その人物の窮地を知ると、他の予定をキャンセルしてでも向かう
  • その人物を窮地から救うためには、本来の自分ならばしないこともする
  • その人物は自分がいなければ生きていけないと信じている

などです。

共依存の弊害?傷付けるつもりはないのに!

共依存の症状は、アルコール(または薬物)依存と同じように、段階があり悪化します。共依存の治療が難しいのは、本人は自分の病的な状態に気づいていないことが多いからです。おそらく一番害のある症状は、依存症の人物が飲酒(または他の弊害のある行動)を止めて健全になるための治療が始まろうとするときに、共依存の人がそれを阻むような行動に出てしまうことです。

私はあなた無しには生きられない!

本人にはそのような自覚はありませんが、共依存の依存の対象は依存症を持つ人物であるために、その状態がなくなることに対し激しい抵抗を感じます。その人物の助け舟としての自分にだけ価値を見出してしまうために、相手が自分なしでも生きていられるということを、自分への拒絶と受け止めてしまいます。自分の全存在を否定されたように感じられるのです。

それが愛じゃないの?こんなに愛しているのに!

また本人にとっての弊害の一つに、共依存特有の、相手に対する強い執着を「愛」と定義しがちなことがあります。その人に愛がないというわけではありませんが、その強い執着心を愛と呼ぶべきではありません。それは共依存の症状であって、健全な付き合いの中には無くていいものだからです。健全な愛であれば、相手が健全であることを喜ぶはずです。

アダルトチルドレンと共依存!その因果関係とは?

慣れ親しんだ役割?

依存症を持つ人物と関わる全ての人が共依存になるわけではありません。もともと、そうなりやすい傾向を持つ人々がいるのですが、アダルトチルドレンはその最たる例と言えます。

子供の時に、依存症をとりまく人間関係を親しく経験しているために、慣れ親しんだ持ち場に戻るような心安さを感じるからです。また、依存症の人が陥りやすい窮地を察して、先回りして逃げ道を用意するようなことも得意で、簡単に共依存の役割分担を受け入れてしまいます。

可哀想だと親しみが湧く?

またこれとは逆に、自分自身に対する評価の低さから、健全な精神状態を持つ人に対してそのような心安さを感じにくい傾向があります。可哀想だと思ったり、何らかの弱みを見てしまった時に、初めて親しみを感じるのです。このため、そうとは気付かずに、何らかの依存症を持つ相手とばかり付き合うようなことになってしまいます。

可哀想だと思う気持ちに結びついた、自分を相手に縛り付けるような強い執着心を警戒してください。共依存は決して幸せな結びつきではありません。

まとめ

アダルトチルドレンであること自体は病気ではありませんが、ある程度進んだアルコール依存症の相手と付き合い、共依存の症状が出た場合、治療の必要が出てくることがあります。こうなって初めて、自分がアダルトチルドレンと呼ばれる人々に含まれる、ということを学び始める場合も少なくありません。

もしそうだとすれば、これは本当の自分の状態に気づくいい機会です。当初はショックを受けることも多いですし、つらい事実を突然目の前に突きつけられたように感じることもあるでしょう。自分には責任のない過去を、受け入れることは簡単なことではありません。しかし本来の自分を見出すためには、これはどうしても必要なステップです。

過去は自分のせいではなかったとしても、現在の自分の成長は自分の責任であり、他の誰も代わりにすることはできないことを受け止めてください。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ