母親から愛情をもらえなかった遠野なぎこ!幼少時代が引き起こしてしまう心の病気は?

母親から愛情をもらえなかった幼少時代が引き起こしてしまう心の病気すが、母親との確執から長年摂食障害に苦しみ続けています。

母親から全く愛情をもらえないまま育ってきた事が、遠野なぎこさんの人生に大きな闇を生じさせてしまいました。

母に愛されなかった幼少期時代

遠野なぎこさんの母親は、高校三年生の時に妊娠し相手の男性と東京に駆け落ちしてきました。しかし、幸せな結婚生活は続かず離婚し、経済的にも厳しい生活を送っていました。

母親は、その原因を遠野なぎこさんが生まれたことで自分の人生が狂ってしまったと思い込むようになり、遠野なぎこさんへの育児放棄や虐待を行います。

遠野なぎこさんは、そんな母親から児童劇団に入団させられます。母親は、もともと女優になりたい願望があり、叶えられなかった自分の夢を遠野なぎこさんに託したのです。遠野なぎこさんは、母親を喜ばせるために必死に芸能活動にうちこみます。

始まった摂食障害と母親との関係

思春期を迎えた遠野なぎこさんは、体重の増加に悩み始めます。すると母親から「吐いたら太らないから吐け」と言われ、吐きやすい方法まで指導されたのです。

それがきっかけで、遠野なぎこさんの過食嘔吐症が発症してしまうのです。精神的にも限界を感じ始めた遠野なぎこさんは、母親との距離をおくために一人暮らしを始めます。そして複数の男性と交際をするなど、破天荒な行動が目立ちはじめます。

本来なら母親からもらうはずだった愛情を、男性からもらいたいという寂しさからくる行動でした。
相手へ無理な要求をして愛情を確かめたり、傷つきたくないから広く浅く関係を持つことで、裏切られても傷つかないように自分を守るための行為でした。

それは、自分には愛される価値がなかったという母親との関係と深く影響しているのです。

カミングアウトをして同じ悩みを持つ人と回復を目指す

そして遠野なぎこさんは、2013年に自伝的小説(一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ )を出版されました。

この本を世の中に出すことで同じような悩みを持つ人に、自分だけが苦しんでいるのではないのだという孤独感をやわらげてあげたいという気持ちと、遠野なぎこさん自身の抱える辛さを多くの人に理解してほしいという理由からでした。

その後は、自身のブログも開設されて、多くの同じ悩みを持つ読者と交流を深めることで、完全ではないにしても少しずつ遠野なぎこさんの症状は良くなってきています。

現在は、電話で直接悩みを聞けるような活動を始められて、まだ見えていない心の治癒のゴールを目指して、同じ悩みを持つ方と一緒に前進していきたいと前向きになっておられます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ