過食症の原因は?アダルトチルドレンの背負うトラウマにある!

過食症とは食べることに対する欲求が暴走してしまい、衝動的に大量の食べ物を口に含んでしまう障害のことです。一度に異様な量の食べ物を口に入れてしまうので、体に多大なストレスや負荷がかかってしまいます。

アダルトチルドレンも日頃の疲れや自己評価の低さが原因で、過食症になってしまうリスクが高いです。最終的には食事という行為に依存してしまい、体を壊してしまいます。

過食症とは?精神の乱れによる食事行為!

上記で述べたように過食症は衝動的に大量の食事を摂ってしまう障害であり、精神病の一種としてカテゴリーされています。食事という行為に過剰な願望を抱き、異様なまでのペースで過食を行います。

強い不安によって心が乱れてしまい、それを補う為に過食に走ってしまうのです。また食事を求めて、衝動的に万引きに走ってしまう危険もあるので、軽く考えてはいけないのです。

コントロールができない

アダルトチルドレンの人は真面目に生きてきましたが、そこには自分の感情を抑えつけている一面もあります。抑圧には限界があるので、何らかの拍子で感情が爆発すると過食症に陥ってしまいます。

抑圧した感情が爆発すると、もう自分自身でコントロールすることは困難になります。過食の欲求に囚われてしまい、自分の人生を壊してしまうのです。

原因は心に潜む深い傷

アダルトチルドレンの原因は親からの虐待やネグレクト、あるいは病気などによって自分の欲求を表現することができない子ども時代を過ごしたことにあります。その影響によって、何かを望むことに無意識のうちに抵抗感を抱いてしまいます。

放置すると深刻な病気に

過食症を放置しては深刻な鬱病の原因となるので、すぐに相談をしましょう。誰かに迷惑がかかり、または陰口が怖いから話せないという不安に囚われている場合は、少しずつ話していくことが必要です。

    <過食症による悪影響>

  • 摂食と嘔吐を繰り返してしまう
  • 精神的に多大なストレスがかかる
  • 食事そのものに依存してしまう
  • 過度な食事が原因で胃腸に負担がかかる
  • 過食が原因で自己嫌悪を抱き、自傷や自殺衝動に駆られてしまう

改善するには?長い時間をかけて向き合おう!

過食症は精神病なので、時間をかけた治療が必要です。自分の力だけで断食を心がけても強いストレスとなって、何らかの形で爆発するリスクの方が高いです。まずは専門家に相談して、ゆっくりと向き合いましょう。

精神科に通って治療を

トラウマが原因で過食症になっていたら精神科に通うべきです。衝動的な行動は脳のコントロールが効かなくなっている状態にあるので、まずは医師に相談をしましょう。

近年では摂食障害専門のクリニックも備わっていて、また匿名で相談をすることも可能です。もしも食事に対して強いストレスを感じていたら、一度匿名で相談をしてみることをオススメします。

原因となる出来事を追う

実際に治療の機会が訪れたら、自分が苦しんでいる根幹の原因について振り返ってみましょう。過去にいじめや虐待で苦しんでいた時期があれば、それについて相談してみることが必要です。

勿論、一度に全てを話してはそれがストレスになるので、時間をかけてゆっくりと話す必要があります。医師の先生に相談をして、自分の悩みに寄り添って貰うようにしましょう。

治療法は?薬物や行動療法など数多くある!

過食症の治療法は多くあります。薬で症状を軽減したり、またはカウンセリングで現状に対する認知や対人関係について改善していくことで、症状が治まることがあります。

もしも治療に時間がかかったり、あるいは間違えることがあったとしても、決して気に病むことはありません。心の病は簡単に治らないので、時間をかけてゆっくりと治療することが必要です。

自分に合った治療を選ぶ

人には向き不向きがあります。薬で治療をしたい人がいれば、薬物の副作用のリスクを考えてカウンセリングを選ぶ人がいます。まずは医師の人にどんな治療がしたいかを相談をして、その上で改善に取り組みましょう。

自尊心を持つ?自分の得意なことを伸ばして!

自尊心が低いと毎日が楽しめず、それを紛らわす為に食事に走ります。しかしそれで食事を続けてもいつか体を壊すので、まずは食事以外の娯楽を見つけましょう。世の中には楽しいことがいくらでもあります。

そしてその娯楽に対する知識や経験を積んで、誰にも負けない程に詳しくなればいいのです。無論、娯楽は食事でも大丈夫ですが、それを趣味にできるようにコントロールできるようにしましょう。

好きなことを追いかける

好きなことを追い続けて、それで収入が得られれば人生が楽しくなります。例えば、好きな食べ物のレビューをブログで更新を続ければ、アクセス数で収入を得られます。

継続は必要ですが、好きなことに没頭していけば過食から意識を外すことも可能です。ただし食事は必要なので、食事と娯楽のバランスを取ることを忘れてはいけません。

真面目さが原因?親の期待がプレッシャーに!

真面目であることを優先して、親や周りの期待に応えようとするとストレスが生まれます。きちんと結果を残せればいいですが、失敗をすると周りを裏切ってしまった自分自身を悪と考えてしまいます。

すると自己評価が下がってしまい、それが原因で過食に走ってしまう危険があります。周りの期待に応えようとする真面目さによって、本人の可能性を狭めてしまうのです。

不真面目になってもいい

誰かに嫌われるという不安を抱えていても、人生の中ではどうしても自分と合わない人がいます。そのような人に好かれようと努力しても時間を無駄にするので、まずは自分を大切にしてくれる人に目を向けてください。

そして周りの期待を裏切っても、人生そのものが終わることは滅多にないです。最低限、反社会的な行為に及ばないようにすることは大事ですが、それに該当しない限りは自分の思うように生きてもいいのです。

過食症は治る?時間をかけた治療が必要になる!

規則正しい食事や生活習慣、そして一度の食事の量を記録しましょう。そしてその纏まった記録を医師に見せて、定期的に相談をして貰うことで、治療も進みます。

食事は生きていく上で欠かせないですが、過剰に摂取しては体を壊します。また、周りの目を気にしすぎるストレスを食事で発散しても、根本的な不安は解消しないので、視野を広めましょう。

まずは自分がどれだけの食事が必要であるかを理解しましょう。少しでも体が苦しいと感じたらすぐにやめて、医師に相談するべきです。定期的な相談が、アダルトチルドレンには必要となります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ