正か否か極端に考える必要はない!中間的な考えがあなたを救います

アダルトチルドレンで苦しむ方の特徴に過剰な決断があります。正か否といった極端な判断をする特徴があり、あいまいな判断をすることを苦手とします。

人間関係でもそれは当てはまることであり、嫌いか大好きといった感情の中で生活します。

より執着心の強い性格をもち拒絶心も大変強い性格をもっています。それはやはりしんどいものであります。その苦しみを解き放ちましょう。

中間の判断は難しいものではない

プラスかマイナス、正か否と簡単に判断とできることもあれば、それは難しいことも多く存在します。

すべてを確実に選別とする必要はありません。誰もが迷うのです。どうしても迷ったならば、決断が必要であるならば、他の意見も聞きましょう。

しかし他の意見を全て聞き入れる必要はありません。あくまで参考にするのです。

聞くことで、自己の答えを導きだすこともできるかもしれません。自己だけの力だけでは難しいこともあるでしょう。

立ち止まりそこでさまざまなことを考え決断とする、そういう過程も重要なのです。

中間的な考えあいまいが悪ではない

何事も確実な決断を好む傾向があるアダルトチルドレンで苦しむ方は、あいまいな答えを嫌います。

しかし考えや判断は人それぞれであります。感じ方もそれぞれであります。

確実に判断とすることは難しいものです。妥協を経験とし固定観念を捨てる、これが大切であり重要です。

それは大変しんどいものであり、苦しいものかもしれません。しかしそれがより治癒へと近づけることになります。

治癒を信じ妥協という決断も自己の中に取り入れてみましょう。そういう柔軟な考えが自己の負担を軽減するのです。そして苦しみを軽減してくれます。

少しでも柔軟な考えを自己の中に取り入れることができれば、そこからは確実に治癒へ向かいます。

その一歩を勇気をもって実施しましょう。何も怖いことではありません。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ