アダルトチルドレンの対人恐怖の原因は?育った家庭環境です

アダルトチルドレンが対人恐怖を感じるのはその育った家庭環境に問題があります。世間一般から見れば家庭として崩壊しているような環境で子供時代を過ごした為に、その時に親から受けた恐怖という心の傷が癒える事なくそのまま成人してしまった為に、大人になっても人との関係において対人恐怖がトラウマのようになってしまいアダルトチルドレンと呼ばれる成人となってしまうのです。

アダルトチルドレンがトラウマの考え方に囚われたまま育つと人に対して恐怖感を感じるようになりコミュニケーションが上手くいかない対人恐怖症となってしまうのです。

アダルトチルドレンは対人関係が悩み?それは対人恐怖です

アダルトチルドレンの多くの人は対人関係において恐怖感や苦手意識を感じます。

どのような悩み?

アダルトチルドレンの対人関係において多いのが、人間関係がうまく築けない、人と付き合うのが苦手、人と打ち解けるのが難しい、親密になれないといったような悩みがあります。そしてその背景にあるのがそもそも人が怖いという感情で多くのアダルトチルドレンが抱える悩みなのです。

人が怖いとは?

人が怖いと言っても中々わかりにくいのですが、目に見えるものとしては人と関わる時に赤面してしまうとか、手が震える、恥ずかしいといったようなものがあります。しかしアダルトチルドレンの人の深層心理は、恥ずかしさからくるものというより、子供時代のトラウマが根深く人に対する恐怖となって襲ってくるものなのです。

対人恐怖で辛いのは?本当は親しくなりたいのです

アダルトチルドレンの人はこのように人が怖いという感情から非常に辛い日常を過ごしているのです。本当は人と親しくなりたいのに怖くてできないという思いは非常に辛いものなのです。

対人恐怖の特徴は?恥の恐怖と適応不安です

アダルトチルドレンの人が抱える対人恐怖の特徴は形としては様々ですが、特徴としては人と関わるのが怖いという事なのです。

一般的な対人恐怖とは?

一般的にも対人恐怖と言われるものがありますが、これはどのようなものかと言うと恥の恐怖と適応不安が根本にあるのです。

恥の恐怖とは?

この恥の恐怖という考え方は日本の文化的背景が大きく影響している一面もあり、他人の目や他人からの評価などを気にしやすい文化なのです。その為に必要以上に他人から悪く思われるのでは無いかといったように恥をかく事に過剰に恐怖感を覚えてしまう事なのです。

適応不安とは?

適応不安とは様々な人間関係における環境で自分の価値観と違う事などに適応する事が出来ず自分は社会生活に適応できるかどうか不安に思ってしまい悩み、結果対人恐怖症となっていってしまう側面を持っています。

対人恐怖となる原因は?嫌われたく無い恐怖

アダルトチルドレンの人が対人恐怖となってしまう原因とはどこにあるのでしょか?

安心できない家庭

対人恐怖症となってしまう原因には、その人が子供時代に過ごした家庭環境が大きく影響しています。その家庭環境とは機能不全家庭という子供が安心して育つ環境に無い家庭の事を指します。機能不全家庭の例としては

  • 父親が常にどなったり怒ったりしている
  • 母親が何でもやってしまい過干渉
  • 父親不在な家庭環境

などが例としてあげられます。

機能不全家庭の問題は?

機能不全家庭には様々な問題がありますが、対人恐怖という側面においては、子供が育つ過程において家族の中で安心して伸び伸びと育つ事が妨げられ、自分で言いたい事が言えなかったり、自分自身を表現する事を妨げられてしまう環境にあるのです。

対人恐怖になる子供の心理?

対人恐怖となっていってしまう子供の心理は、常に親が怒っていたり、親が自分のいう事など全く聞き入れてくれないなどの環境から「言ってもしょうがない」「余計なことは言わない方がいい」となり、親に見捨てられたく無いという恐怖から「悪いのは自分」「自分がいけない」となっていき深いトラウマとなっていきます。そしてこれが対人恐怖となっていくのです。

対人恐怖から回復するには?自分への癒しが必要です

アダルトチルドレンが対人恐怖に陥ってしまっている場合はどうしたらいいのでしょうか?

安心できる人、場所が必要

アダルトチルドレンの対人恐怖は、本来は人と親しくして一緒にいたいと思っているのですが、過去のトラウマから人に対する恐怖心や自分のことを低く評価してしまいます。よって自分の事を今の状態でも丸ごと受け入れてくれる人や場所といった安心できるものを持つ事が大事なのです。

過去のトラウマを癒す事

そしてその安心できる人や場所の元、人が怖いという考え方を楽にできるように変えていく事が必要で、その為には認知行動療法などの治療を受ける事となります。その上で過去のトラウマをしっかりと癒す事が重要なのです。

自分でなんとかしなくては?

アダルトチルドレンは過去の環境から何事においても自分でなんとかしなくては、という思いが強い傾向にあります。このことは大切な考え方ではあるのですが、アダルトチルドレンから回復する過程においては、その事が他者に心を開く事を難しくしてしまう事が多くあります。回復する為にはこの気持ちを少しずつでも緩める事が必要なのです。

まとめ

アダルトチルドレンは過去に育った家庭環境が機能不全家であった為、そのトラウマから大人になっても自分としては他人と親密になりたいと思っていても恐怖感の方が優位に立ち、どうしても人間関係がうまくいかない事から更に対人恐怖が進行してしまいがちです。

大事なことはそのようなトラウマに囚われている事を自ら理解して、自分が安心できる人や場所に自分の身を置くということです。そして自分の心を開ける環境を自ら作る事から回復の一歩を歩み始める事ができるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ