アダルトチルドレンの自己否定感は心の叫び!?自己否定では無く自己肯定へ

アダルトチルドレンは自己肯定感より自己否定感の方が強いです。

それは機能不全家庭で育った為、幼い時より自然と受けるはずであった愛情を受けたり、褒められる経験があまりにも少ない為、自分の存在価値に疑問を抱いてしまっている傾向があるからです。

その為、成長過程や大人になってからの対人関係でも多くのトラブルを招きやすいです。

アダルトチルドレンの自己否定感が生み出す人間関係の軋轢

自己否定が強いアダルトチルドレンの場合は、対人関係にストレスが非常にかかります。自己否定が日常になっている場合が多く、対人で何気なく言われた一言に非常に傷つく事もあります。

周りの目が気になってしまう為、空気を読みすぎる傾向があり常に人に気を使い、人と会った後には激しい疲れを感じる事があります。人との距離感がうまく掴めず、更に自己嫌悪に陥り自己否定の負の連鎖が続きます。

アダルトチルドレンの自己否定感が生まれてしまう原因は!

アダルトチルドレンが長きに渡り自己否定を続けてしまう最もな原因は親からの虐待や、欲しかったはずの愛情を受ける事が出来ず、それでもその家庭環境に順応するしか生きる道が無い為、親やその環境に合わせる為に、本来言いたかったであろう求めていた事を心の奥底に閉じ込め、否定する癖がついてしまっています。

その癖が付いてしまったまま大人になってしまうとそれまでの癖が抜けずに何かが起こった時には自分の感情や心を自己否定して心を閉ざす傾向があります。

自己否定の延長に起こるリスクとは!

自分に自信が無い、誰かに愛してもらえる自信が無い、誰かに必要としてもらえる訳が無い。

と自己否定を続けていく内に、自分も回りの人も何も愛せなくなってしまいます。そこまで重症化してしまうと心の殻を破る事が出来なくなってしまい自己否定や孤独感はどんどん強くなってしまう傾向にあります。

アダルトチルドレンの負の連鎖はどこかで打ち切らなければずっと続いてしまいます。アダルトチルドレンの負の連鎖を打ち切る唯一の方法は自分自身が自分を愛してあげる事です。

自己否定では無く、自己肯定が重要です。過去のトラウマと向き合う為にインナーチャイルドセラピーというものがあります。セラピーを行う事で少しづつ自分を認める事が出来る様になり、自己否定では無く自己肯定が出来る様になります。

アダルトチルドレンの心の葛藤は自己肯定が出来る様になった時に様々な事が少しづつ好転し始めるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ