人に頼れない?誰にも頼っていけないというのはただの思い込み!

世の中に出ると自己責任の空気が至る所で広まっていて、またどんなことでも自分の力で乗り越えなければいけないと周りから圧力をかけられることが多いです。勿論、自分の力で生きていく力は必要ですが、誰にでもミスや限界があります。

究極的に誰の力も借りないで生きていくことは不可能です。生きていく上で多かれ少なかれ、誰もが他人の力を借りているのです。その為、人に頼っていけないというのはただの思い込みに過ぎないのです。

全てが自己責任?実はとても危険な考え方!

今の世の中は息苦しく、僅かな失敗でも過剰なまでに責められてしまい、また人生の危機に立たされていても自己責任で切り捨てられる空気があります。アダルトチルドレンの人はその圧力に人一倍敏感です。

何でも一人でやりきらないといけないという思考に洗脳されて、毎日にプレッシャーを感じています。そして周りに責められないかどうかを気にしてしまい、常に不安でいっぱいの毎日を過ごしてしまいます。

ミスをするのは当たり前

最低限、ミスをしても当たり前だと考えましょう。勿論、ミスをしないように心がけることは必要ですが、何らかの要因で失敗をすることは誰にでもあります。反省するべき点は見つめて、その上でミスを繰り返さないことが大事です。

失敗を許す心がけが大事

人がミスを犯したとしても過剰に責めるのは良くないです。ミスを改善することは必要ですが、粗を探しては相手はやる気を失ってしまいます。相手を尊重した上で一緒に改善していくことが大事です。

    <自己責任の思考が強いと>

  • 自分で自分を愛せない
  • 自分が正しいという確信が持てない
  • 常に周りの目を気にしてしまう
  • 誰かに弱音を吐くことができない
  • ストレスを過剰に抱えてしまう

弱音を吐けない?我慢は最悪の結果を招く!

子どもの頃、弱音を吐いてはいけないと周りの大人から教えられたとしても、それはすぐに手放してください。我慢をし過ぎては体にストレスが溜まってしまい、鬱病を引き起こすリスクがあるからです。辛い時は思い切って吐き出しましょう。

我慢は全く美徳ではない

嫌なことはきちんと断る権利があります。もしも明らかに理不尽な頼みごとをされた場合は、きっぱりと断る勇気を持ちましょう。自分だけが我慢をしたまま物事に取り組んでも、上手く行くとは限りません。安請け合いはストレスの元になるので、断ることも大切です。

辛くなったらSOSを

自分の力でどうにもならない時が来たら迷わずSOSを発してください。いのちの電話などのサービスで悩みを打ち明けることもできますし、あるいはインターネットで信頼できる人に相談する方法もあります。まずはこの悩みを吐き出しましょう。

真面目な人?それがトラブルを引き起こす!

真面目な人が自分の正しさを疑わなくなると、誰かにそれを押し付けることもあります。そして周りにも真面目であることを強要して、結果として場の雰囲気が重苦しくなってしまうのです。

当人は良かれと思ってやっていても、相手がそれで幸せになれるとは限りません。むしろ逆に反感を買ってしまい、孤立を引き起こす結果にも繋がります。それでは皆が不幸になるので、真面目が正しいとは限らないことを認識してください。

自己満足にならないで

正しいと思い込むのは危険です。誰かの視点を忘れてしまうと、その正しさはただの独りよがりになってしまいます。もしも少しでも空気が悪いと自覚したら、すぐに方向転換をしましょう。そして相手にお詫びをして、これからはみんなで楽しくなれるように意見を取り入れてください。

一人で成し遂げる?誰かと一緒に進めよう!

困難な仕事を一人で成し遂げると周りから褒められると考えて、自分に無理なスケジュールを背負わせる人がいます。努力家と思われがちですが、実は言うと承認欲求を満たすという意図も少なからずあります。

そして自分の力で対応しきれないと気付いているにも拘らず、周りからの助けを拒むケースもあります。しかしそういった人はただプライドが高いだけで、周囲に何のメリットも与えていません。結果、周りにより迷惑をかけてしまうのです。

客観的な視点は大切

ビジネスは勿論のこと、プライベートで人付き合いをする時も客観的な視点が必要です。例え相手の為だったとしても、それは自分の都合が混じっているかもしれないと考える必要があります。相手をコントロールしようとしていたら、一度自分の言動を俯瞰しましょう。

何よりも結果を優先して

確かに自分の力で新しいことにチャレンジする意志は必要ですが、結果が伴わなければ意味がありません。過程よりも結果を重視しましょう。法に触れるような行為は言語道断ですが、そうでない限りは手段を選ばずに行動してください。

不真面目でいい?時には羽目を外していく!

不真面目な振る舞いをしても、それで責められるようなことはあまりありません。誰でも息抜きが必要なので、時には思い切って羽目を外すのも悪くありません。むしろ、ストレスを発散することで今後の力がみなぎる可能性が上がるのです。

限度も忘れないように

当然ながら、自分勝手に振る舞って誰かを傷付けたりするのは駄目です。自分が幸せになることは必要ですが、同時に相手にも幸せになる権利があることを忘れないでください。最低限の気遣いを忘れないようにしましょう。

失敗は当たり前?最後に自分が笑えるように!

失敗をしても大丈夫と考えましょう。自分の力だけで解決できないと考えたら、迷わず誰かに頼ってください。周りの環境がそうさせてくれないなら、いっそのこと環境そのものを変えてしまいましょう。

例え今が辛くても、行動次第ではいくらでも変えることは可能です。自分から積極的に動き、そして誰かに頼っていけばいつか成功することはできます。自分の気持ちを大切にして、毎日を頑張りましょう。

誰かに頼ることが悪いと考えていたら、助けてもらった後に恩返しをしてください。遊びや食事に誘ってもいいですし、また何か面白い話でも大丈夫です。どんな形でもいいので、喜ばせることが大事です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ