生まれ育った家庭の呪縛から逃れるための30年間 女性 48歳 R.O.さん

私の育った家庭は、父は教師、母は専業主婦でした。世間から見れば理想の家庭だったかもしれません。

でも、一皮むけば情緒不安定な母親と、自分に自信があり人の話に耳を貸すことのない父親、そしていつもピリピリした家庭の空気を敏感に感じ取る子供たちという、意味ゆがんだ家庭だったんです。

お皿の割れる音

母はひどく情緒不安定な人でした。小さなことをとても気にして、特に人間関係の問題にはとても弱い人でした。

母より8歳年上の父は優しい人でしたが、基本的に母の意見には耳を貸さない人でした。

父の実家が近かったこともあり、頻繁に父の兄弟が遊びに来たのですが、その日の夜は決まって激しい夫婦喧嘩。いえ、喧嘩とは言えないのかもしれません。

母が漏らす不満に父は耳を貸さず、ヒステリーを起こした母は夕食中に皿やコップを投げめちゃくちゃにすることがしばしばでした。その台所で、父が破片を拾うのを泣きながら手伝う私。

当時小学校中学年だったと思います。決定打は5年生のひな祭りの日に起こりました。

父にいつものように不満をぶつけても、受け止めてもらえない母は、酒に弱いにもかかわらずウイスキーを一瓶空け、急性アルコール中毒になります。あの夜の母のうめき声、緑色の胃液、泣き叫ぶ弟の声は40年近くたつ今でも忘れられません。

中学に入り、爆発。そして実家から離れた私

家庭内は相変わらず不安定なまま、私は中学に上がります。中学生になると、今まで抑え込んでいた親へ不安と怒りが爆発しました。表現できるようになったのです。

特に母への憎悪はすさまじく、ずっと「ばばあ」と呼び続けていました。
中学こそ勉強をして希望の高校に進みましたが、高校進学後はどうしようもない脱力感に襲われるようになり、学校をしょっちゅうさぼっては一人街をさまよっていました。

勉強は全くする気がありませんでした。とにかく無気力そのものだったんです。

そして、親から遠く離れようと決め、その時点の学力で行ける短期大学のうち、実家から一番遠い北海道の短大へ進みます

「とにかくあの家はから離れよう。そうしないと私はダメになる」そう思いました。

離れていれば許せる気がする

北海道での生活はとても楽しいものでした。暗い家庭から離れ、初めて生きていると実感しました。

卒業後は東京で就職し、年に1、2回実家に帰省する生活。数日間なら実家で過ごすこともできました。

結婚後、夫の地元である北関東の街へ転居し家を建て、私は実家から遠く離れた町で暮らすことになりました。

そして生まれた息子。ところが、息子を育てる過程で私は自傷行為をするようになってしまいます。息子を厳しくしかった後、自己嫌悪に陥り腕の内側をボールペンなどで何度も何度も強く傷つけてしまうのです。

なぜそんなことをするのかはわかりませんでした。でも、それがひどくなり傷がどんどん増えていきます。私は自分のその行為に悩み、民間のカウンセリングルームを訪れたのです。

自傷行為が止まらない私

心理カウンセラーの方に、自傷行為について話すと、今までの自分の生い立ちを詳しく話すよう言われました。数回かけて細かく自分の生い立ち、父や母の事、弟のことも話しました。

カウンセラーは言いました。「あなたはアダルトチルドレンといえますね。子供のころの心の傷が癒えないまま母親になり、苦しんでいる。」と。自分でも子供のころの傷が原因ではないかとは薄々感じていました。

私は母に電話をし、自傷行為がやめられないこと、カウンセリングにかかっていること、成育歴が原因でそういった行為をしてしまうと言われたことをすべて話しました。

すると母が初めて言いました。「ごめんね。お母さんのせいだね。」

親が死んだら、許せるのかもしれない

何があっても子供に謝ることがなかった母の、初めての謝罪。少しだけ、許せた気がしました。

「母も苦しんでいたんだろう。」私も50近くなって少しだけそう思えるようになりました。

私は絶対に母のようにはならない。私の家庭をあんなふうにはしない。そんな気持ちでカウンセリングに通い続けています。

自傷行為はまた時々出てしまい、心の傷が完全に消えるのにはまだまだ時間がかかりそうです。

いえ、もしかしたら一生消えないのかもしれません。そして親が死んだとき、初めてすべて水に流せるのかもしれないなと最近思います

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ