本当は良い子の心の叫び?スケープ・ゴートタイプの5つの素顔

このタイプを一言で表すならば、家族のための犠牲者と言えます。自分が問題を起こす事、自分が悪者になる事で、家族の愛情を感じたり、家族が団結したりするため、無意識の内に問題児を演じてしまいます。非行に走った少年少女によく見られるタイプだと言えます。

一見、強面で悪そうなスケープ・ゴートタイプのアダルトチルドレンに隠されている5つの素顔について書いていきます。

本当は優しい?だから悪者になる理由

自分が優しい思いやりのあるキャラクターである事で、親や周囲の人たちが自分を大切にしなくてはならない。そんな負担をかけさせたくない。という究極の優しさの裏返しが憎まれる悪者になる理由の一つでもあります。

素直ではいられない

自分の感情を素直に表現できたなら、それだけでも楽に生きることができる。それを痛感するのが、このタイプなのかもしれません。自分の方を向いて欲しい。でも、自分の方に向いている場合ではないほどの問題を家庭が抱えていたとしたら、そんな事とても言えないでしょう。

そればかりか、自分の方は向かなくても良いんだ。とばかりに悪ぶってみたり、ワザと嫌われるような事をやったり言ったりしてしまいます。それは、相手に自分の事で負担をかけたくない。という思いが歪んだ形で表に出て来てしまっている状態とも言えるでしょう。

みんなの和のため?

自分が悪者でいる事で、自分という問題を家族が抱えている事で、それだけのためには、何とかしようと一致団結して問題解決に取り組んでくれる。そんな状況に気がついてしまうと、徐々に無意識のうちに問題行動を起こせば良い。という条件反射のような状況が生まれて来ます。

そうなると、厄介です。自分が本来、なぜ悪者を演じていたのか?その目的を見失ってしまった状態で問題行動を繰り返すようになると、立ち直るための本来の原因や理由が隠されてしまうからです。その根本を探し、解決するまでに長い時間を要してしまう事にもなり得ます。

本当に真面目?自分を自分で罰し続ける厳しさ

本来は人の気持ちがよくわかる繊細で真面目な人が多いため、そこそこに悪い人、ずるさや中途半端なところを演じる事が困難です。いつも問題の原因は自分にある。と責め続け、自分を罰し続け苦しみながら生きている人たちです。

不器用で実直な人

本来、家族の温かさや愛情で満たされるべき一部分を得ることができずにいるのですが、温かさや愛情を与えてくれない相手を憎んだり恨んだりするのではなく、そうなってしまったのは、自分のせい、自分の努力や頑張りが足りなかったせいで、このような状態になっている。

そうやって、自分を責め立てている人。自分を罰するために、自分を大切にしない。体に良くない事をしたり、体を自分で傷つけるような事をしたりして、一人で苦しみ続けている人。そんな人が多く見られます。器用に自分の気持ちを処理することができない不器用で実直な人なのです。

苦しくない人生なんてない?

自分の苦しさを手放せないのは、苦しんでいる間は生きていても良い。無意識の中で、そういう考えや傾向を持っていると言えます。それは、苦しむために生きているようなものです。ですから、楽になって良いのだ。と何度言われたとしても、手放すと途端に不安が襲って来ます。

苦しいからこそ生きる価値があったのに、楽に生きている自分に生きる価値などない。何か不幸な事があれば、その不安は確信に変わり、やっぱり不幸でなくてはいけない。そう思ってしまうでしょう。

本当は几帳面?あえて混乱させておく必要

「一体、あなたが何を考えているのか分からない。」とため息まじりに首を振りながら、降参だというように両手を挙げられてしまう事もあるくらい、めちゃくちゃな事しかしなかったり、一般常識から外れた事をやらかしたりしてしまうのには、実は理由があるのです。

自分を混乱させるため

本当は、真面目で実直で優しいけれど、少しだけ不器用な人。そして、とても几帳面な部分もあります。それは、白か黒か0か100かという考え方として、あまり好ましくない部分としても出て来たりもしますが、基本的には、曲がったことは大嫌いという人がほとんどでしょう。

それなのに、反社会的な行動をとってしまったり、通常の考えでは理解できないような行動をとってしまうのは、本当の自分は真面目で几帳面。でも悪者である必要がある。という前提があります。そして確実に悪者であるためには、自分自身も理路整然としてはいられないのです。

まず、自分自身を欺くためにも、自分を混乱させて、何が何だか分からないような状態でなくては、確実な悪者を演じる事が難しいのです。

やっぱり几帳面

とは言え、根本的な部分では、やっぱり几帳面さが力を発揮しています。何も考えずに、他の人から見て何を考えているのか分からないような行動は取れません。何を考えているのか分からないと思われるような行動を取るために、常に自分がどう行動すべきなのかを考えています。

一見、怖そうな外見で装っていても、一度、腹を割って話すと、きちんとした考えを持っていたり、悪い事をしている。という自覚を持っているという特徴があります。そもそも悪い事を悪い事だと自覚できるのは、考えて行動しているということの証拠でもあります。

本当はユニーク?笑顔で気持ちを和ませない

絶対に笑わずに、いつも怖い表情で虚勢を張って頑張っているような人が、ふとした瞬間に見せる笑顔が意外と可愛らしく見える時があります。笑顔は、その人の本当の素顔だと言えます。

強面でユニークさをカバー

いつも怒っているような表情を作ってみたり、無表情でクールを装ってみても、つい笑ってしまう。そんな瞬間は誰にでもあります。このタイプの人たちが、つい、ふとした時に見せる笑顔は無邪気で可愛らしくさえあるでしょう。

本当は、周囲の人を笑顔にするのが得意。そんな自分は押し殺し、虚勢を張り続けなくてはいけない。と自分に課しています。ですから、怖そうに見えて実は楽しい人だったり、ユニークな一面を持っていたりする事が多いと言えます。

ユニークさを隠す理由

本来は魅力であるユニークさを隠しながら強面のキャラを作り通さなくてはいけない理由って何なのでしょうか?その理由をリストにしてまとめてみました。

    <ユニークキャラは強面で隠したい5つの理由>

  • 両親が真面目で冗談を好まない家庭に育った
  • 育った環境の中でユニークさは悪評の対象だった
  • 自分が虚勢を張るためのモチベーション
  • 本当は強くない自分を知られる事への不安
  • 強面の方が他人から一目置かれるという勘違い

本当は優等生?親への思いやりが起こす問題

本来、このタイプのアダルトチルドレンが、問題行動を起こしたり、道を外れた人生を歩むきっかけとなったのは、自分のためなどではなく、全て親兄弟のためでもあります。機能を失ってバラバラな家族をまとめるための手段でもあるのです。

空気が読めるから

親のどちらか、もしくは両方が何かしらの依存症や身体的・精神的な疾患を抱えていたり、犯罪を犯してしまったり、離婚するまでのゴタゴタを目の当たりにしていたりすると、子どもにとっては、それだけで非常に大きな影響があったり、衝撃を受けたりします。

そんな家族内の空気感を人一倍誰よりも敏感に察知し、行動を起こします。自分が何とかしようと。しかし、何とかしようとすればするほど、自分の力では、どうにもならない事を痛感します。その絶望は、やり場のない感情として自分自身に向けられます。

そういった場面で偶発的に起きるのが、問題行動です。非行に走ったり、自傷行為に走ったり。最初は力無い自分に対する怒りなのでしょうが、問題行動を起こすと、意外と家族が対応しようとして、まとまる事があります。それを知ってしまうと、止まらなくなってしまいます。

気を引きたい!とは違う

よく親や誰かの気を引こうとして悪い事をしている。問題行動を起こしている。などという表現を耳にします。確かに気を引こうとする行動の一つなのかもしれません。しかし、気を引くためにしては、あまりに自分にとってのリスクが大きすぎるといえるでしょう。

まさに自分の身も心も犠牲にして、家族の和のきっかけでありたい。家族がバラバラにならないための抑止力でありたい。そんな切ない願いが隠されているという事に、家族は早く気づいてあげるべきです。

まとめ

一見、問題行動も多く、他人の頭を悩ませる機会も多いように見えがちなスケープ・ゴートタイプの人たちの本当の姿。それは、優しく誠実で真面目。そして何より自己犠牲の気持ちが強すぎることで不器用な生き方しかできなくなっています。

自分自身を罰するかのような問題行動という呪縛をかけているのです。とにかく、問題行動の陰には、必ず理由があります。その理由や原因が家族の不仲や崩壊にあるのであれば、その呪縛から解放してあげられるのも家族でしかありません。

単に家族のお荷物、問題児、困り者、などと突き放したり、呆れて見捨てたりする事なく、彼らの優しさの裏返しの行為や行動をきちんと受け止めてあげる必要があるはずです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ