気づかないうちに影響されてる?知っておくべき毒親の特徴!

子どもの健やかな成長を妨げてしまう親のことを「毒親」と呼ぶことがあります。

本人が良かれと思ってやっていることも、結果的に見ると子どもに悪影響を与えてしまっている可能性があるのです。そんな「毒親」と呼ばれる人たちの特徴をご紹介します。

過干渉!いつくになっても干渉したがる親

親にとって息子、娘はいくつになっても自分の子どもです。子ども面倒を親がみることは当たり前のように感じている方もいますが、行き過ぎると子どもの自由を奪ってしまう可能性があります。

子どもはある程度大きくなったら、さらに成長するために自立心を育てることが大切になります。しかし過干渉な親は、ひとりでやろうとする子どもに干渉してしまうため、子どもの自立心が育たず、大人になっても自分で決断することができなくなり自分の判断に自信がなくなってしまいます。

言うことを聞いてればいいの!自分の思い通りに育てようとする親

子どものためを思って自分の思い通りに育てようとする親もいます。習い事や進路など、本来子どもが自分の意思で決めるようなこともすべて親が決めてしまい、子どもは親の理想を叶える道具のような存在になってしまいます。

自分の意思を押し殺して親の期待に応えようとする子どもは、本当の気持ちを抱えたままストレスを溜め、その結果、自分がやりたいことが分からなくなってしまうこともあります。

どうせ無理だよ!子どもに嫉妬する親

自己中心的な考え方から子どもの成功を妬む親もいます。子どもが夢や進路について語ると、否定的な言葉を並べて、足を引っ張るかのような言動をします。

子育てのせいで自分が犠牲になったと考えたり、自分よりも幸せそうな子どもを見て、喜ぶどころか嫉妬心が芽生える親もいます。このような子どもは自分の能力に自信が持てず、やる前からあきらめてしまいがちになります。

今度やったら叩くよ!暴力的な言葉で脅す親

しつけと暴力の境がわからず、暴力的な言葉で子どもを脅すような行動をとる親もいます。

子育てに対するイライラが募り、その感情を子どもにぶつけてしまったり、言うことをきかない子どもに対して、暴力的な発言をして恐怖によって子どもを支配しようとします。

子どもは恐怖心から好きなことができなくなってしまいます。また暴力を愛情と勘違いしてしまうこともあります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ