アダルトチルドレンが恐怖感を感じるのは?対人恐怖症!

アダルトチルドレンが恐怖感を感じるのは、主にその育った家庭環境に問題がありです。

普通に考えてみれば崩壊しているような家庭で子供時代を過ごした結果、その時に受けた心の傷や恐怖感が癒える事なく成人した為に、いつ迄も考え方などがトラウマのようになってしまいアダルトチルドレンと呼ばれる成人になってしまいます。

そのようなアダルトチルドレンがトラウマの考え方を持ったまま育つと1つの現象として人に対するコミュニケーションに対して恐怖感を感じるようになり対人恐怖症となってしまいやすいのです。

対人恐怖症とは?精神的疾患の一つです

アダルトチルドレンの人たちが陥りやすい対人恐怖症という症状ですが、それはどのようなものなのでしょうか?

過剰なまでの心配症?

他人と一緒にいる場合に不安を感じる事が多く緊張してしまいやすくなり、馬鹿にされたり軽蔑されたりしているのではないかとか、自分が相手に対して何か不快感を与えてしまっているのでは無いかと行ったようにコミュニケーションに対して過剰なまでに心配をする事が多くみられます。対人関係から逃げたくなってしまう精神的疾患の1つであると考えられています。

対人恐怖の背景は?

対人恐怖の背景に隠れている事で言える事は、1つは人前で恥をかきたく無いと言ったような恥に対する恐怖と自分は他者や社会とうまくやっていけるのだろうか、と言う社会適応に対する不安が大きいのです。また、自分がこうあるべきとの思いが強すぎて自分の外面への思い込みなどからも、この対人恐怖症に発展してしまう事もよくあるのです。

対人恐怖症になるのはなぜ?家庭環境が原因!

アダルトチルドレンの人達はなぜ対人恐怖症になってしまうのでしょうか?一番大きい要因として言われている事が幼少期から育ってきた家族との環境、特に親との関係が深いのです。

問題のある家庭環境とは?

アダルトチルドレンを生み出してしまう問題のある家庭環境とは、子供が育つ環境の時に家族の中で安心して過ごす事ができない、言いたい事が言えるような状況に無い、自分自身を自由に表現する事が出来ないと言ったようなどちらかというと閉鎖的な家庭環境なのです。

例えばどのような家庭?

問題のある家庭環境を具体的に上げてみると特に父親が原因の場合は、すぐに怒鳴ったり、怒ったりするとか、怒ると物が飛んできたり殴られたりする。逆に父親不在が多いと母親が子供に対して執着しやすくなるので、その為に多くなるのが干渉しすぎで子供の事を何でもやりすぎてしまったり、支配的になったりヒステリックになる事も多くあります。

その時の子供の感情は?

そのような問題のある家庭環境に育った子供の感情は、親に従うしかなくなり余計なことは言わない方がいい、何を言ってもどうせ通じない、親の言うことは覆すことはどうせ出来ないとなっていきます。そして親の期待通りに生きることを優先しながらも見捨てられるかもしれないという恐怖と常に背中合わせの感情で過ごすようになってしまうのです。

アダルトチルドレンの人の特徴は?その環境の中で役割を持とうとする!

アダルトチルドレンの人達の特徴は、問題のある家庭環境の中で自分自身生き延びる為に環境に合わせて次のような役割を持ってしまう特徴があります。

優等生タイプ

このタイプは非常に真面目で家庭の期待を一身に受け止めて頑張って努力してしまい、更に自分も完璧主義である事が多く異常なまでに自分に厳しくなります。

世話係タイプ

責任感が強過ぎ、はたから見ると大人びているように見えます。人の面倒を見る事が大好きで人に依存される事に価値観を感じています。

カメレオンタイプ

無口でいる事が多く自分自身を表に出す事は基本的に無く、問題などは起こさないように常に注意をしている。その存在自体感じさせないほど良い子を演じてしまうケースも多い。

道化師タイプ

道化師のようにわざとふざけている事があるが、その裏には常に恐怖や不安をごまかそうとしている事がほとんどであり、表面上と内面のギャップが非常に大きく、争い事が起こるのを過剰なまでに恐れている。

問題児タイプ

自分の存在をアピールする為であったり、もしくは問題から注意を背ける為にわざと反社会的な行動、例えば暴力や犯罪行為などを行ってしまう。

アダルトチルドレンの対人恐怖の特徴は?人と関われない

アダルトチルドレンの人たちの対人に対する恐怖感の大きな特徴は、辛いとか苦しい、苦手と言ったような感情が多く、人と関わること自体が怖いという事なのです。そしてアダルトチルドレンが故の対人恐怖に陥っている可能性があるのが、本当は人と親密な関係を築きたいと心の中では思っているけれど人が怖くて、結果、対人関係を築けずに孤独感を感じているような場合なのです。

感じている辛さは?

アダルトチルドレンの人達が対人関係において恐怖感から辛さを感じていることは、沢山ありますが代表的な感情は次のとおりとなります。

  • 人から変と思われる、見られると馬鹿にされているように感じる
  • 人から見られると手が震えてしまう
  • 怒られることが怖い、怒らせないように気遣ってしまう、人の顔色が気になる
  • 自分で言ったことに自身が無く、いつも不安を感じる
  • 人と一緒にいても会話が続かない、沈黙が怖い

対人恐怖症から立ち直るには?認知の置き換え

アダルトチルドレンの人達は小さい時に育った家庭環境のトラウマから対人恐怖症になってしまっているのですが、そこから立ち直る事はできるのでしょうか?回復の道は確かにありますが、実は傷口としては非常に深いので簡単に回復するとは必ずしも言えません。

まずは癒す事!

アダルトチルドレンの対人恐怖症を治すには、まず人が怖いという感情を癒してあげる事が大事です。その手段としてはアダルトチルドレンの人を丸ごと受け止めてくれる安心できる人や場所を持たせてあげる事が必要になります。

トラウマからの回復!

そして最も重要で難しい事は、トラウマからの回復と言う事です。その為にはアダルトチルドレンの事を理解し、ありのままを受け止めてくれる環境を繰り返し繰り返し作っていく必要があります。そのような環境を続ける中で人への安心感が少しずつ芽生え、人が怖いという感情を無くしていくしかないのです。そして人が怖いというものが安心という認知に置き換えていく事が回復への道筋となるのです。

まとめ

アダルチルドレンは、本人が育った環境によりなってしまうので本人には罪がないのですが、その事に気付き立ち直るための努力は必要です。アダルトチルドレンの人たちが苦しんでいる事の一つに対人に対する恐怖と言うものがあり、これはそのままでは正常な社会生活が送れないほど日常生活に影響を及ぼしてしまうものなのです。

アダルトチルドレンの対人恐怖に対しては、いくつかの傾向がありそれに応じて周りが対応していく事が重要なのですが、根本原因は幼少期に受けた事のトラウマなのです。よってそのトラウマがある人に対する恐怖感、不安感と言ったものを人は安心であるという認知に置き換えをしてあげる事が必要になるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ