パーソナリティ障害の人との接し方は?共倒れを防ぐために

他人との関係を築くうえで様々な困難や問題を抱えやすいパーソナリティ障害。その治療には周囲の人間の理解や強力が大きな助けとなりますが、パーソナリティ障害の当事者との接し方には注意を払う必要があります。

協力しようとしたのにかえってトラブルに巻き込まれるなどの事態を避けるためにも、どのようにパーソナリティ障害の当事者と接するべきかは知っておかなければなりません。ここではパーソナリティ障害の当事者との接し方について解説します。

なぜトラブルに?パーソナリティ障害の特徴

パーソナリティ障害は以前は人格障害とも呼ばれており、本来人それぞれの個性である人格によって社会生活や人間関係で大きな問題や苦痛が生じてしまうというものです。考え方や行動、言動があまりにも社会的な平均値から逸脱しているために生活に支障を来している場合に診断が下ります。

パーソナリティ障害は状態や内容によっていくつかの種類にわけられますが、共通するのは極端な思考という特徴です。これにより特に対人関係でさまざまなトラブルが発生してしまうことになります。

パーソナリティ障害の3タイプ!症状ごとに分類

パーソナリティ障害はその特徴や症状が異なる10種類があります。さらにこの10種類のパーソナリティ障害は、思考・言動・行動などの傾向から3つのタイプに分類されます。

    <パーソナリティ障害の種類>

  • 妄想性パーソナリティー障害
  • 統合失調質パーソナリティー障害(スキゾイドパーソナリティ障害)
  • 統合失調型パーソナリティー障害
  • 自己愛性パーソナリティー障害
  • 演技性パーソナリティー障害
  • 反社会性パーソナリティー障害
  • 境界性パーソナリティー障害
  • 回避性パーソナリティー障害
  • 依存性パーソナリティー障害
  • 強迫性パーソナリティー障害

A群:妄想や奇妙な思考・行動がある

「妄想性パーソナリティー障害」「統合失調質パーソナリティー障害」「統合失調型パーソナリティー障害」が該当します。統合失調症に似ており、3種類それぞれに妄想的で奇妙な思考が見られます。

妄想性パーソナリティ障害では他人が自分に対して悪意を持っているという思い込みが強く、他人を一切信用することができません。

統合失調質パーソナリティ障害(スキゾイドパーソナリティ障害)ではそもそも他人に対する興味関心が非常に希薄で、感情の起伏が乏しく独りになることを好みます。

統合失調型パーソナリティ障害では、自分に超能力があるといった考えを強く持ち、それによって身の回りを自由に操ることが出来るという思考に囚われています。

B群:感情が不安定でナルシスティック

「自己愛性パーソナリティー障害」や「演技性パーソナリティー障害」「反社会性パーソナリティー障害」「境界性パーソナリティー障害」が該当します。

このグループは他人との関わりの中で極端な思考が行動として現れやすく、人間関係や社会生活上のトラブルに発展しやすい傾向にあります。特に反社会性パーソナリティ障害は罪悪感が希薄なことから、犯罪行為に結びつきやすいという危険性があります。

いずれも自己否定の裏返しとして他人に対して依存的になったり、過度に自分を大きく見せるなどの行動・思考が現れるという点が特徴です。

C群:強い不安を抱えている

「回避性パーソナリティー障害」や「依存性パーソナリティー障害」「強迫性パーソナリティー障害」が該当します。このグループでは極端な思考や行動によって、当事者本人が大きなストレスを抱えてしまうという特徴があります。

パーソナリティ障害への対応は?治療と接し方

ここではパーソナリティ障害の本人との接し方や、医療機関での具体的な治療を解説します。特に接し方の部分は非常に大切なポイントです。

パーソナリティ障害の本人と接するときには、症状ごとに特有の思考パターンを理解した上で接することが求められます。これはもちろん本人のためでもありますが、接する側に過度な負荷がかからないためでもあります。

パーソナリティ障害の治療

パーソナリティ障害の治療は主にカウンセリングを中心に行います。障害のもとになっているのは極端に偏った思考であるため、時間を掛けてそれを正していく必要があるためです。

パーソナリティ障害では同時に精神状態が不安定で他の精神疾患を抱えていることもあり、そのような場合は投薬治療を並行して行うことになります。

パーソナリティ障害当事者との接し方

パーソナリティ障害の当事者本人と関わる・接するときに重要なのは、お互いの距離を適切に保つという点です。遠すぎれば本人は強い不安によって不調になり、近すぎればべったりと依存的になってしまうリスクがあります。

共倒れにならないように注意

依存的な思考や行動に陥りやすいタイプのパーソナリティ障害では、接する周りの人を巻き込んでさらに状態を悪化させてしまうということもあります。否定や批判をせず、一方で親身になりすぎることもなく、依存関係に陥らない距離感を保ち続けることが重要です。

人格はどこからが「障害」?その基準とは

人格は本来なら人それぞれの個性として尊重されるべきものですが、特定の思考パターンや行動が社会的に逸脱するほど極端で、それによって普通に暮らすことが難しくなったときに「パーソナリティ障害」と診断されます。

ただしすべてのパーソナリティ障害が必ずトラブルを抱えるというわけでもなく、まれに逸脱した部分が才能として開花して大きな成功を収める人もいます。

パーソナリティ障害の原因は?

パーソナリティ障害の原因はまだはっきりと特定されているわけではありません。しかしただの性格の問題では片付けられず、幼少期の境遇や遺伝的な要因、社会情勢などが複雑に絡み合って発生すると考えられています。

パーソナリティ障害は治る?治療のゴールとは

「完治する」という概念とは少し違いますが、いずれ問題なく社会で生活できるようになるという意味では、治ります。とはいえ治療は「思考パターンを変える」というものであることから、どの程度の時間が掛かるかはやってみないとわかりません。

病院の外での生活も重要

治療はカウンセリングや投薬によって行われますが、最終的なゴールは本人が社会で生活して行けるようになるところです。そのため治療前後、病院の外で人と関わることもとても重要なものです。

適度な距離と境界線!共倒れを防ぐために

パーソナリティ障害の本人と接する場合は、前述のように適度な距離を保つことが絶対条件です。「ここまではしてあげられるけど、ここからは無理」というように明確な境界線を引くことも重要です。

一見冷たいように思えるかもしれませんが、結局はこのボーダーラインと距離がなければ本人も周囲も共倒れしてしまうことになります。治療次第では改善するものですが、長く関係を続けるのであれば相応の覚悟と根気が必要になります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ