適応障害ならないようにするには?ストレスの受け止め方!

適応障害とは、社会生活環境においてストレスが原因で症状が発生し、うまく適応する事が出来なくなってしまうという病気の一種と言えます。この適応障害の症状になってしまうと通常の生活などにも支障が出てきてしまい会社では社員として働く事が難しくなったり、学生であれば登校拒否になったり、家庭環境においては家庭がうまくいかなくなり最悪離婚というケースにも繋がってしまいます。

適応障害にならない為には、何故そのような症状になってしまうのか、そしてなってしまったらどうするべきなのかを知っておく事が大事なのです。

適応障害とは?社会的機能が障害されている状態です

適応障害とは言葉としてはたまに聞く言葉ですが、どのような症状の事なのでしょうか?それは定義としてはストレスが原因で情緒面や行動面で引き起こされる症状で社会的機能が著しく障害されている状態とされています。

ストレスとは?

適応障害を引き起こすストレスとは非常に幅広く個人的レベルのものから災害などによる環境変化が伴うものなどが該当し、それによってその人に重大な事と捉えられる状況などを言います。

適応障害の症状とは?鬱と似ています

適応障害になるには前触れがあるのでしょうか?あれば理解することから防ぐ事が出来るかもしれません。

適応障害の症状とは?

適応障害にはどのような症状が見られるのでしょうか?主に情緒面、行動面で次のような症状が見られます。情緒面においては、不安、怒り、焦りや緊張など、そして抑うつ気分になる事が多くあります。行動面においては行き過ぎた暴飲暴食、会社などを無断欠勤、攻撃的な側面が出て無茶な運転や喧嘩などをする事もあります。

子供にも見られるの?

子供にも適応障害は見られるのでしょうか?これは勿論当てはまり子供が適応障害になった時に見られる症状は、赤ちゃん返りが見られ指しゃぶりや赤ちゃん言葉を発する事があります。また体の症状としては、ドキドキしたり、汗をかいたり、めまいなどが見られます。

適応障害と鬱の違い?

適応障害の症状と非常に似ているのが鬱の症状です。その違いは明確には難しいのですが、判断材料としては、適応障害はそのストレス環境に直面している時には症状が出ますが、その環境から離れると改善します。鬱の場合には、そのストレス環境から離れても持続的にその症状が続きます。よって数週間同じ憂鬱な症状が続くようであればそれは適応障害ではなく、鬱の症状と診断されるのです。

適応障害の種類は?その症状によって分類されます

適応障害というと鬱症状と似ていると一言で言っても、実はその症状により様々なタイプが存在します。

適応障害のタイプとは?

適応障害は症状などから次のようなタイプ分類ができます。

  • 不安気分を伴う適応障害
  • 抑うつ気分を伴う適応障害
  • 行為の障害を伴う適応障害
  • 情動と行潟の混合した障害を伴う適応障害
  • 身体的愁訴を伴う適応障害
  • 引きこもりを伴う適応障害

適応障害と診断される基準は?

適応障害はこのような症状が現れたらすべて適応障害と診断されるかと言ったらそうではなく、いくつかの診断基準が決められています。

  • はっきりとわかる心理社会的ストレスが原因による反応で3ヶ月以内に症状が出た場合
  • その症状が通常のストレス反応として予測されるものより過敏とみられる場合
  • 社会においてや学校生活などへの機能障害が出ている場合
  • ストレスが解消されたら6ヶ月以上その症状は続かない場合
  • 他に症状の原因となる精神的な疾患がない場合

適応障害の治療は?ストレス除去が重要

適応障害は主にストレスに起因して症状が出るのでその治療としては、原因であるストレスを取り除く治療が中心となります。

まずはストレス要因の除去

適応障害の治療には、まずストレスの原因である環境を除去する事から始めます。人が原因であればその人から離れた環境を作るなど極力取り除く方向で治療を進めます。しかしそのストレスの原因が家族などで離す事が難しい場合は次のステップへと進みます。

本人の適応力強化!

適応障害から脱出する為には原因となっているストレスを本人がどのように受け止めているかによっても大きく結果が変わってきます。その受け止め方に対してカウンセリングなどでアプローチをしていき本人の適応力を高めていく事も重要な治療となります。代表的なものとしては認知行動療法というものがあります。

薬物療法だけでは難しい

情緒面や行動面の治療方法としては、その症状に対して薬を使うという対処療法としての薬物療法もあります。適応障害の場合は薬物での根本治療は難しくあくまでもカウンセリングなどとセットでの治療となります。

適応障害になりやすい人は?真面目な人が多い

適応障害にならない為には、その症状になりやすい人というのがいるという事を知っておく事は非常に大事な事です。自分自身に照らし合わせてもし該当する要素があれば通常生活において注意が必要となります。

資質的な要素としては?

資質的な要素としては、感情表現がよくわからない、他人から見たらそんな事で?という程些細な事で傷つきやすい、白か黒かという思考が強い、いい加減が許せず真面目で頑固、無理な事でも断れないと言ったような傾向があります。

まとめ

適応障害とはなりやすいい人となりにくい人がいるようですが、その直面するストレスによっては誰もがなる可能性のある症状と言えます。特にこの症状の背景には物事に対する捉え方、考え方が大きく影響しているため自分自身では中々気付きにくい一面も持っています。

適応障害になるとそのストレスに直面している時といない時で症状が違うため治ったと勘違いしてしまう事も多く結果重症化してしまう事も多いので自分自身ちょっとでもおかしいと感じるようであればカウンセリングを受ける等対策する事をお勧めします。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ