パーソナリティ障害はどんなもの?種類や特徴について解説!

一般的な考えを持つ人に比べ、偏った思考や行動パターンを持つことで家庭や社会的な生活、仕事に影響を与えている人は少なからず存在します。そして、それが行き過ぎると一種の障害になってしまい、息苦しさを感じたり、辛さを感じたりするようになってしまいます。それを「パーソナリティ障害」と呼びます。

息苦しさや辛さを感じるようになると、生活のあらゆる場面で困難が生じます。そしてそれが更に進行すると、神経症やうつ症状といった精神的に不安定な状態を引き起こしてしまう可能性があります。

そのような自体を引き起こさないため、この記事では「パーソナリティ障害」について、どのようなものなのかということや、パーソナリティ障害の種類について解説します。

パーソナリティ障害ってどんなもの?「苦痛」を感じたら注意!

この項では、「パーソナリティ障害」とはどのようなものなのかを解説します。

パーソナリティ障害とは?

パーソナリティ障害とは、偏った思考や行動パターンによって、家庭や社会的生活、仕事に支障が出ている状態を言います。この時にポイントとなるのが「苦痛を感じている」という点です。

一般の人でもある程度の思考あるいは行動の偏りはありますが、これが「苦痛」につながり、あらゆる場面に影響が出ている場合は「障害」と認定されます。

パーソナリティとは?

ここで、「パーソナリティ障害」の「パーソナリティ」が何を指すか解説します。「パーソナリティ」とは、思考や行動パターンの偏りを指します。具体的な例としては、「怒りっぽい人」や「人懐こい人」などが挙げられます。つまり、その人の性格や気質のことを言います。

パーソナリティ障害には分類がある?3つを紹介!

この項では、「パーソナリティ障害」の分類について解説します。

パーソナリティ障害には分類がある!

「パーソナリティ障害」は、主に3つに分類され、その中に様々な種類が存在します。

    <パーソナリティ障害の分類>

  • オッドタイプ
  • ドラマチック・タイプ
  • アンクシャス・タイプ

1つの分類の中には何種類のパーソナリティ障害があるの?

「パーソナリティ障害」は、1つの分類の中でもさらに3~4種類のものに細分化されます。それぞれの種類が突出している場合もありますが、複数のタイプの「パーソナリティ障害」を持っていることもあり、どの「パーソナリティ障害」に該当するのかを見極めることは非常に困難です。

オッドタイプとはどんなもの?「考え方」に注目!

この項では、「オッドタイプ」の「パーソナリティ障害」について解説します。

オッドタイプとは?

奇妙で風変わりな考え方をするタイプの「パーソナリティ障害」は「オッドタイプ」に分類されます。この「オッドタイプ」の特徴は、「非現実的な考え方をしてしまう」というのが最大の特徴となっています。

具体的にどんなパーソナリティ障害があるの?

「オッドタイプ」のパーソナリティ障害は、さらに3つに分類されます。

    <オッドタイプのパーソナリティ障害>

  • 猜疑牲パーソナリティ障害
  • シゾイドパーソナリティ障害
  • 統合失調型パーソナリティ障害

ドラマチック・タイプとはどんなもの?「感情的」に見えたら注意!

この項では、「ドラマチック・タイプ」の「パーソナリティ障害」について解説します。

ドラマチック・タイプとは?

演技的、情緒的に見られ、感情的かつ衝動的な思考及び行動パターンが見られる場合は、この「ドラマチック・タイプ」の「パーソナリティ障害」に分類されます。

ほかの「パーソナリティ障害」と違うのは、思考や感情をぶつける相手の存在の有無です。相手がいることでその思考や行動パターンが際立つため、周囲を巻き込むことが多いタイプの「パーソナリティ障害」であると言えます。

具体的にどんなパーソナリティ障害があるの?

「ドラマチック・タイプ」のパーソナリティ障害は、さらに4つの種類に分けることができます。

    <ドラマチック・タイプのパーソナリティ障害>

  • 反社会性パーソナリティ障害
  • 境界性パーソナリティ障害
  • 演技性パーソナリティ障害
  • 自己愛性パーソナリティ障害

アンクシャス・タイプとはどんなもの?「不安」の有無がポイント!

この項では、「アンクシャス・タイプ」のパーソナリティ障害について解説します。

アンクシャス・タイプとは?

「アンクシャス・タイプ」とは、不安や恐怖心が強い「パーソナリティ障害」のことを指します。不安や恐怖によって自己主張を上手くすることができず、他者を優先しがちな思考あるいは行動パターンを持っていることが特徴です。

具体的にどんなパーソナリティ障害があるの?

アンクシャス・タイプは、さらに3つの種類に分けることができます。

    <アンクシャス・タイプのパーソナリティ障害>

  • 回避性パーソナリティ障害
  • 依存性パーソナリティ障害
  • 強迫性パーソナリティ障害

パーソナリティ障害になったらどうすれば良い?専門機関に頼る手も!

「パーソナリティ障害」について、どのようなものなのか、また、「パーソナリティ障害」の分類や種類について解説しました。「パーソナリティ障害」は本人や他人が「パーソナリティ障害」であることを判断するのは非常に困難です。何故ならば、一般の人でも多少は思考や行動の偏りが見られるからです。

しかし、それで本人や他人が苦痛を感じている場合は、「パーソナリティ障害」の可能性が非常に高いです。「もしかしたらパーソナリティ障害かも」と感じたときは、心療内科や精神科で診断できますので、そのような専門機関を頼るのも手段の1つです。もし心療内科や精神科に抵抗がある場合は、精神保健福祉センターや地域活動センターの該当部署など、ハードルの低いところで相談してみても良いです。

「パーソナリティ障害」は、うつ状態など精神的な病を引き起こしやすくなります。そのような状態に陥ると、ますます息苦しさや辛さを感じる結果となってしまいます。

そのようなことがならないように、疑問を抱いたら早急に手を打つことをおすすめします。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ