毒母は何故娘に虐待を?幼い自分が受けた仕打ちを我が子にぶつける! 女性 39歳 O.T.さん

母親にとって子供とは一体どんな存在なのでしょう。全力で愛するべき大切な存在、自分が産んだ大事な命、自分の遺伝子を継ぐなど様々な考えがあるでしょう。

しかし中には我が子を疎ましく思う母親も存在します。特に娘に対してライバル心を持ち、娘を幸せから引きずりおろそうとする母親は珍しくありません。

若くこれから楽しく美しく成長する娘と老いて行く自分を重ねてしまうのでしょう。特に自分が若い時に不幸せだった母親は、娘の幸せを願う事が出来ないのです。

私の物を勝手に処分する母親

私が子供の頃は、母親に良く物を捨てられていました。一生懸命お手伝いや勉強を頑張ってご褒美に誕生日に買って貰った玩具は、2回遊んだだけで捨てられました。

お年玉で買った洋服も、一度も袖を通す事無く無くなりました。毎回母親に服や玩具はどうしたのか聞いても、とぼけるだけです。しかしとぼける時に子供でもわかる悪意のある表情を見れば母親が犯人だと察します。

問い詰めればヒステリッくに喚き散らすだけで話し合いは出来ませんでした。

ちゃんとした下着すら買って貰えず辛い日々

中学生になれば女の子なら誰もがお洒落に目覚めます。より綺麗で可愛くなりたいと、誰もがファッションを勉強したりします。

しかし私はお洒落を禁止されていました。可愛い服を欲しがる事も認められず、私服はいつも母親が作った洋服だけです。色も模様も若い女の子が好む物では無いし、スカートは一つもありませんでした。

下着もサイズの小さい物しか買って貰えずに本当に苦労しました。きつすぎるブラジャーのせいで、胸の下はいつも血が滲んでいたのです。

大人になっても母親の嫌がらせは続き

私が楽しむ事を、とにかく母親は嫌がり邪魔をしました。

私が大人になって自分の服を購入しても、私が留守の間に処分してしまいます。洗濯して干して置くと、私の服だけが風で飛ばされたと言いはるのです。もう一緒に暮らす事は出来ないと思い、私は一人暮らしを決意しました。

当然両親は反対しましたが、今までの事を全部ぶちまけ、一人暮らしを認めさせたのです。

虐待は虐待から生まれる物

その後、私の母親の様に娘の若さに嫉妬して娘が女らしくなる事を嫌がる母親の存在を知りました。

私の母親は子供の頃に満足に洋服を買って貰えませんでした。だから子供の頃の悔しさを私にぶつけていたのでしょう。今思えば母親も可哀想だと思いますが、だからと言って辛い思いを子供にぶつけて良い訳はありません。

理由がわかれば母親に対する憎しみも減りますが、やはり母親とは距離を取りたいと思います。母親から離れていれば心は平穏なのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ