アダルトチルドレンの人々が抱えやすい恐怖感は?3つの恐怖感を解説!

アダルトチルドレンの人は、恐怖感を抱いていることが非常に多いです。その対象は様々ですが、一貫してわかるのは、「恐怖感を抱いていると生きづらさを感じる」ということです。

恐怖感は人の行動を制限し、鈍らせます。そうすると世界が狭くなっていき、最悪の場合は精神的な病気へとつながるリスクもあります。そうなるとさらに生きづらさが増していくという、最悪のループに陥る可能性もあります。

その最悪なループは、どこかで断ち切るようにしなければ、死へとつながっていってしまうことも十分にありえます。

そこで、その生きづらさのループを断ち切るために、アダルトチルドレンの人々が抱えやすい不安や、その対処法・解消法について解説していきます。

アダルトチルドレンの人々が恐怖感を抱えやすい理由は?「幼少期」がキーワード!

アダルトチルドレンの人々が恐怖感を抱えやすい理由は、「幼少期」にあります。「幼少期」は、最も愛情を必要とする時期です。とりわけ、肉親、つまり父親や母親からの愛情は非常に重要です。

そんな時期に、両親のいざこざに巻き込まれたり、または両親から怒鳴られたり、虐待を受けたりといった経験をしてしまうと、「十分な愛情を注がれていない」と判断してしまい、愛情に対して飢餓感を覚え、それが恐怖心につながってしまいます。

アダルトチルドレンの人々が抱えやすい恐怖心は?3つを紹介!

この項では、アダルトチルドレンの人々が抱えやすい恐怖心について解説します。

アダルトチルドレンの人々が抱えやすい恐怖心とは?

アダルトチルドレンの人々は、幼少期の体験から愛情に飢えているため、あらゆる方面、特に対人関係で恐怖心を抱きやすいものです。社会で人と関わることに対して、過剰なまでに緊張したり、不安を抱いたりしてしまいます。

対人恐怖症で特に多いものは?

アダルトチルドレンの人々が抱えやすい対人恐怖症の中でも、特によく見られるものは3つあります。

    <対人恐怖症の中でもよく見られるもの>

  • 人が怖い
  • 人前で恥をかくのが怖い
  • 社会生活に適応できなくて怖い

「人が怖い」とはどういう状態?解決方法も!

この項では、「人が怖い」というのはどのような状態なのか、また、解決方法についても解説します。

「人が怖い」とは?

「人が怖い」という状態には様々なものがありますが、最も多いのは「コミュニケーションが苦手」というものです。「このようなことを言ったら変だと思われるのではないか?」「このようなことを言ったら嫌われるのではないか?」という思いがつい先行して、言葉がうまく出てこなくなってしまうのです。

「人が怖い」に対する解決法は?

「人が怖い」という恐怖感は、なかなか解消することが難しい問題です。ここで重要なのは、「人に対する安心感」を持つということです。そもそも「人が怖い」という思いは、他人に対する安心感が持てないことに由来しています。圧倒的にそのような経験が少ないのです。

よって、経験を積むことが大切です。突然大きなコミュニティに入り込むのはハードルが高すぎますので、まずは1対1のコミュニケーションから始めるのが適切です。心療内科や精神科のカウンセラーであれば、そのような症状にも理解がありますので、まずは専門家に頼ってみるというのも1つの手段です。

「人前で恥をかくのが怖い」原因は?対策法もあり!

この項では、「なぜ人前で恥をかくのが怖いのか?」という疑問についてや、対策方法について解説します。

「人前で恥をかくのが怖い」原因は?

「人前で恥をかくのが怖い」という心理は、「人にバカにされるのが怖い」という心理と根本の部分が通じています。これもまた、「幼少期」に由来します。幼少期に人にバカにされた経験が多く恥ずかしい思いをすることが多いと、人前で恥をかくことに対してトラウマを抱えるようになります。

「人前で恥をかくのが怖い」ことに対する対処法は?

人前で恥をかくことが怖いと、人前に出るだけで恐怖感が煽られ、取り乱してしまうことも少なくありません。取り乱してしまうと混乱してより恥ずかしい思いをしてしまう確率が上がります。よって、まず大切なのは「落ち着く」ことです。人前に出る前に深呼吸をしてみるなど、緊張を和らげるように工夫することが有効です。

「社会生活に対応できなくて怖い」ときはどうすれば良い?専門機関に頼るのも!

この項では、「社会生活に対応できなくて怖い」ことの原因や対処法について解説します。

「社会生活に対応できなくて怖い」原因は?

「社会生活に対応できなくて怖い」という心理には、「集団生活が怖い」「外に出るのが怖い」といった感情が含まれます。その奥にあるのが「人が怖い」という気持ちです。「人が怖い」という感情が行き過ぎると、このような感情にとらわれ、社会的な生活を送ることが困難になります。

「社会生活に対応できない」場合はどうすれば良い?

「社会生活に対応できない」ということを解決するには、1人の力ではなかなか難しい部分があります。よって、専門機関にサポートを依頼するのも1つの案です。

専門機関にサポートをするメリットは、1人で出来ないことを助けてもらうほかにも、「社会生活」の練習ができるというものもあります。様々な催しも開催してくれる機関も多いものです。そこで少しずつ擬似的な社会生活の経験を積むことで、社会生活に対する不安も薄れます。

アダルトチルドレンの恐怖感を拭うコツは?有効なことは2つ!

アダルトチルドレンの人々が抱えやすい恐怖感とはどのようなものなのか、また、その解決法について解説しました。アダルトチルドレンの人々が抱えやすい恐怖感が発生する理由は、総じて「幼少期」にあります。幼少期の愛情不足から、自分の世界に対する安心感がなくなり、人間というものに対して恐怖感が芽生えます。

それを拭うには、「経験」を積むことと、「専門機関のサポートを受けること」の2つが有効です。

人間に対峙する経験や社会生活を少しずつ経験して、自分の行動に自信をつけます。そうすることによって、不安感は和らいでいきます。しかし、1人で出来ることに限界を感じることも少なくありません。その場合は、カウンセラーやサポート機関に頼り、経験を積む機会を増やしていくのも良いと言えます。

恐怖感を拭うのは、決して簡単なことではありません。時間をかけ、じっくりと取り組んでいくことが大切です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ