適応障害とは、どんな病気?どんな症状でどうすればいいの?

適応障害とは、ストレスが原因で心身の不調が起こり、社会生活や日常生活に支障をきたす病気のことをいいます。

社会生活が上手く送れなくなると、普段出来ることができなくなるので、とても生活に困難になり苦しむことになります。

適応障害ってどんな病気なの?

適応障害とは、環境の変化や様々な出来事により、心身にストレスを来たし、そのストレスに対処できなくなってしまう事により、日常生活を上手く送れなくなってしまう病気です。

現代社会は、様々な出来事がストレスの原因になりますが、そのストレスを上手く処理できず、耐えがたい状態になっていき、学校に行けなくなったり、家事ができなくなったり、仕事に行けなくなってしまったりと、普段できることが出来なくなってしまいます。

ストレスの感じ方は、人それぞれなので、どのようなストレスの場合適応障害になるのか断定できませんが、かかっているストレスがなくなれば、症状も消えるのが、この病気の特徴です。

どんな時に適応障害になるの?

適応障害の原因は、ストレスと、個人の感受性があると言われています。社会生活を営む上で、私たちは常にストレスを受けながら、日常生活を送っていますが、かかるストレスは、受ける側の受け取り方にも大きく変わります。

同じストレスがかかっても、ある人には、大した問題ではないことが、ほかの人には、耐えがたいほどの大きなストレスになるのです。ストレスに対し、耐えがたいほどの大きさに感じられ、心身に支障が起こってしまうとき、様々な症状が出てしまいます。

つまり、適応障害が起こる原因は、本人にとって、耐えがたいと感じるほどのストレスがかかり、対処できなくなってしまったとき、心身に日常生活に障害が起こる症状が出てしまうのです。

適応障害は、どんな症状がでるの?

適応障害の症状には様々な症状がありますが、大きく言うと「健全な社会生活が営めない」という事になります。「進学、就職、転職、結婚、離婚、職場の部署や立場が変わるなど」の環境の変化にストレスを感じ、「学校に行けなくなる」「仕事に行けなくなる」「普段出来る仕事ができなくなる」「家事が出来ない」などの症状が起こり、さらには、暴力や犯罪など社会生活に影響を及ぼす場合もあります。

また、精神的には、抑うつ、不安、混乱、焦燥感、不眠などが起こり、身体的には、頭痛、腹痛、倦怠感(体が怠い)などの症状が起こります。

適応障害の治療法は?

適応障害の治療法には、カウンセリング、医療機関への受診などがあります。

もちろん、その前に、自分の心の内を誰かに聞いてもらい、ストレスが解消されれば、それに越したことはありませんが、それでは解決できない場合は、専門医の治療が必要になります。

ストレスの原因を突き止め、どのようにすればそのストレスに対処していけるのか、カウンセリングや医師との診察で解決策を探します。また、不眠や、不安、行動障害に対して、薬物療法で治療していく場合もあります。

まとめ

適応障害は、ストレスが原因で、様々な症状が起こり、生活に支障をきたす病気です。ストレスなしでは、日常生活を送れない私たちにとって、いつ自分の身に起こってもおかしくない病気です。

普段から、自分にかかっているストレスが重くなっていないか考えて、体と心のサインを見逃さないようにしましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ