見捨てられ不安って?見捨てられ不安の原因と特徴3つを紹介!

アダルトチルドレンの特徴のひとつに見捨てられ不安があります。

見捨てられ不安がある人は常に、誰かに裏切られる心配をしながら生きています。そして、その不安に押しつぶされ、社会的な生活を送ることが困難になる人も少なくありません。さらに、精神的な問題だけでなく、他者との人間関係を築く際に大きな障害となるのです。

今回は、アダルトチルドレン見捨てられ不安の原因と3つの特徴を紹介します。

家庭環境が原因?見捨てられ不安の原因

両親の離婚は子どもにとってショッキングな出来事の一つです。そして、これが見捨てられ不安の原因になります。親のどちらかが子どもの前を去ると、子どもは親に捨てられてしまったと思ってしまうことが少なくありません。

離婚は自分のせいだと思い込む子ども

詳しく説明すると、見捨てられ不安は離婚の原因を子どもに十分に説明しなかったことによって起こります。子どもは夫婦の空気をいち早く察知します。親が言葉や態度に出さないようにしても、子どもはその微妙な空気を感じ取るのです。

そして十分な説明の無いまま離婚をしてしまうと、子どもは自分の親に見捨てられてしまったのだと、思ってしまうのです。

常に不安が付きまとう!見捨てられ不安の特徴①

見捨てられ不安を抱えたまま大人になってしまうと、人間関係で問題が起こるようになるになります。子どもの頃の親に対しての不安を他者に向けてしまうのです。恋人や友達と付き合っている時でも、心のどこかで「見捨てられるのではないか」という不安を抱えてします。

大切な人を遠ざけたり、攻撃する

そして、些細なことで「自分は見捨てられた」、「裏切られた」と思ってしまい、友達や恋人を遠ざけたり、攻撃してしまうのです。周囲の人にとっては、なぜいきなり避けられるのか、呼応劇されるのかわかりませんから、次第に距離を置くようになります。

見捨てられ不安が原因で他者を遠ざけたり、攻撃したりすることを繰り返していると、十分な信頼関係を気づくことが出来ません。これが、アダルトチルドレンの生きづらさの一つになるのです。

親の存在を他者に求める?見捨てられ不安の特徴②

自分を守ってくれる存在、親の存在を他者に見つけようとするのも特徴のひとつです。他人との距離感が近くなり、恋人に依存してしまうこともあるのです。本人は心の安らぎを得ることで、自分の心の傷を癒していると思っているのですが、実際には根本の解決にはなっていないのです。

他者に依存して生きていく

少しでも恋人や友達に不信な点があると、不安になり、遠ざけたり攻撃したりしてしまいます。常に心の拠り所となる他者に依存し、自立していくことが出来なくなります。自立できないのです。

常に他人の顔色を窺う!見捨てられ不安の特徴③

人の期待通りにふるまうことが多いです。見捨てられたくないという不安からきているのです。常に他人の顔色を窺い、他者が期待しているであろう自分の姿を演じるのです。すべて自分の見捨てられ不安という感情を麻痺させるためにやってしまいます。

人生の重要な選択が出来なくなる

人生の重要な選択でも、他者の期待通りを意識してしまうのです。自分が幸せになる、という感情を無視または押し殺しているのです。

人の欲望を自分の欲望のように生きていくことは自分を殺してしまうことになりかねません。人の欲望に従っているうちに、自分の心が疲弊していき、ある日突然、何もできなくなってしまうこともあるのです。

自分の欲望を持てなくなってしまう

見捨てられ不安は自分の欲望を持ち、それに向かって進むことが困難です。人の期待に応えるために自分のすべてをかけてしまうのです。いざ、自分の意見を求められたとしても、それに事が出来なくなります。自分の欲望を持ち、意思決定する力は人生にとって最も重要な力の一つです。

見捨てられ不安があるアダルトチルドレンは、自分の欲望を持ち、意思決定する力が不足している場合が多いのです。

自分の感情を偽る

楽しくないのに、楽しそうな振りをしたり、辛いのに辛くないふりをしてしまうのです。自己主張が出来なくなります。そのまま家庭を持ってしまうと、自分の子どもにも、自分が親にされたようにしてしまう可能性があります。

子どもに虐待?子どももアダルトチルドレンになる

自分の子どもが自分を見捨てるような振る舞いを取ると、子どもを遠ざけたり、虐待していしまう可能性があるのです。

そうすると、その子どももアダルトチルドレンになってしまう可能性が出てくるのです。この悪魔の連鎖を断ち切るには、自分を変える必要があります。見捨てられたくないという不安を認識し、他者に助けを求めるのです。

見捨てられ不安は心が弱いからではない

見捨てられ不安は心が弱いからではないのです。私たちは自分の意見を通す人ばかりが強いと思い込んでしまいますが、自分の欲望を押し殺し、他者の期待のために頑張ってしまう人もまた、強い心を持っているのです。

心の問題は心が弱いから起こるのではありません。心の強い人でも、環境によるトラウマから問題を抱えることは十分にあるのです。

機能不全家族による価値観の植え付け

見捨てられ不安の大半を占めるのは、子どもの頃から植え付けられた機能不全家族による押し付けられた価値観なのです。カウンセリング等で他者の協力を仰ぎ、自分の抱えている問題と向き合うことで肩の力を抜いた生き方ができるようになってくるのです。

まとめ

見捨てられ不安は親の離婚が大きな原因のひとつです。子どもに十分な説明をしないまま離婚すると、子どもは「親に捨てられた」と思い込み、人に見捨てられることに異常なまでの恐怖を抱くのです。

    <見捨てられ不安の特徴>

  • 親の離婚を自分の責任だと思ってしまっている
  • 人の期待通りにふるまう
  • 常に裏切られる不安がある
  • 周囲の顔色を窺う

見捨てられ不安には上記のような特徴があります。子どもに離婚の理由をはっきりと説明しない機能不全家族による見捨てられ不安などのトラウマは、それを自覚して、他者の協力を仰ぐことが大切です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ