教師である母が毒親に変身!毒ママからの虐待の体験談 女性 32歳 A.S.さん

私の母親は毒親です。肉体的な虐待も精神的な虐待も経験があります。

この毒親からの様々な虐待は私が社会人になっても続き、今は母親のみ疎遠になっています。

今回は私の母がどんな毒親っぷりだったのか、経験談とその経験談からお伝えしたいアドバイスをお教えいたします。

両親ともに先生という家庭環境

私の親の職業はどちらも先生でした。父は中学校の先生で、母は小学校の先生でした。実際に私は小学校の頃は母親が勤めている小学校に通っていました。

そのせいか常に母は私を監視しているようでしたし、家に帰っても勉強や家事の手伝いについてガミガミと色々言われていました。

父も先生でしたが私にはとても優しく、勉強でわからないところがあるとよく教えてくれたり、遊んでくれたりしていました。

酷くなる母の毒親っぷり

私は両親に似ず勉強もあまり出来ず、運動も苦手な子でした。友達はたくさんいましたがよくからかわれていました。

そんな私の出来ない子っぷりに母親はいつも厳しかったです。きっと先生としてのプライド、他の生徒よりも出来ないなんて許せなかったのでしょう。

母が家に帰るといつも夜遅くまで勉強させられ答えが違ったら手を叩かれる、罵倒される日々が続きました。

救ってくれたのは担任と父でした

母親のこの虐待は父がいない時にありました。そのせいで父も気づかず、私の手や顔の痣も隠されました。

そんな状況を救ってくれたのは当時の担任の先生でした。先生は毎日少しづつ元気が無くなっていく私を気にかけてくれて、母の私に対する文句を聞いていたからか何かを察してくれて父に報告をしてくれたのです。

そこで父が母に話をしてくれて私への過剰な教育を見つけてくれることが出来ました。

家庭環境の悪化、そして

母は自分は悪くない、悪いのはこの子だと先生だとは思えない言葉を発したそうです。自分の娘だから勉強も運動も一番でないといけない、そんな母のプライドが毒親のきっかけにもなりました。

このことが学校でも問題になり、元々評判の良くなかった先生でもあったので母は異動に、私と父、母で別居生活をすることになりました。私が中学生の頃、母が戻ってきましたがほとんど口をきかずそのまま高校、大学、社会人になり父とは連絡を取っていますが母には連絡をしていません。

周囲の気づき、自分の違和感が毒親から救ってくれる

私の場合、母からの言葉が当時はすべてで、私はいけない子なんだとずっと思っていました。なので母がダメな大人なんて思わなかったし担任や父がいなかったら今頃母に殺されていたかもしれません。

毒親から解放されるには周囲の気づきもですが、自分自身の違和感、そして周りに助けてもらう勇気も必要です。毒親に身も心も殺されてしまう前に現在の違和感に気づき、相談できる相手を見つけましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ