アダルトチルドレンは頑張りすぎる人が多い?時には休ませてあげることも大事!

必要以上に頑張る人がいます。自分の実力を上げる為に勉強や運動に励んだり、あるいはボランティア活動に積極的に励んだりするのです。一見すると立派な人に見えますが、それが行き過ぎるといつか生活に不調が出ます。

もしかしたら、アダルトチルドレンと呼ばれる大人である可能性があります。その場合、自分の意志を無視してでも誰かの為に頑張ろうとしているので、少しでも今の現状が辛いと考えていたら、まずは休む習慣を作るべきです。

アダルトチルドレンとは?心に傷を負った大人!

家族内で対立や虐待が起きると、その過程で育った子どもは成長する過程で人を信じられなくなり、また嫌われることを過剰に恐れるようになります。当人の性格ではなく、環境に問題があるのです。

その為、愛情に対して不信感を抱き、また褒められても何か裏があるのではと邪推してしまいます。他人は勿論のこと、自分の行動すらも正しいかどうか判断ができなくなるのです。

自分を信じられない大人

アダルトチルドレンの原因となる機能不全家族は決して珍しくなく、私達の身近で起こり得るのです。一見すると理想的な家庭でも、実は見えない所で何か問題が起きていたり、または問題だと当人たちが自覚できていない場合があります。

このような事態を避ける為にも、近所同士の交流を積極的に行って互いに近況報告をしてみるのも一つの手です。当然ながら、相手のプライバシーを侵害するのはいけませんし、過度に干渉するのも厳禁です。見守りながら、助け合うことを考えましょう。

承認欲求が強すぎる

アダルトチルドレンの大人は承認欲求が強く、誰かに認められることで自分の存在意義を強くしています。しかしその気持ちが行き過ぎてしまうと、何でもかんでも相手の良いなりになる危険もあります。

最悪の場合、借金の連帯保証人にさせられたり、または詐欺に引っかかる恐れもあります。誰かから認められたいという気持ちは悪いことではありませんが、限度を超えたら当人にとってプレッシャーになるので、上手くコントロールしていきましょう。

    <アダルトチルドレンの代表的な特徴>

  • 家族や親戚が好きではない
  • 親が厳しく、そのせいで甘えさせてもらえなかった
  • 他人から否定され続けたことで、対人恐怖症になっている
  • 自分の弱みを見せられない
  • 他人からの頼みごとを断れない

思いやりがある?その気持ちを行き過ぎないで!

アダルトチルドレンの人にはケア・テイカーというタイプもあり、周りに異様なまでに気を付かせることがあります。気が利くのは思いやりがあると考えるでしょうが、行き過ぎては相手にとって重荷になります。

頼んでもいないのに高価なプレゼントを渡したり、または頻繁にご飯を奢ることが多いなど、過剰なまでに誰かに気を遣います。求めてもいないのに与えすぎては、ありがた迷惑になることを忘れてはいけません。

他人の目を気にしすぎる

他人の目を気にしすぎるせいで常に不安になってしまいます。「友達を大切にしなさい」や「周りに迷惑を賭けてはいけない」と周りの大人から言われ続けたせいで、価値観が植え付けられてしまい、それを守らなければいけないと躍起になってしまいます。

勿論、故意で反社会的な行為に及んでいけませんが、誰かの為に生きる必要はないのです。自分が望んだ上で助けることは良いですが、そうでないなら頑張り過ぎないで休む時間も作るべきです。

悩みが深刻になる前に

人間関係で悩んでいるのなら、思い切って環境を変えましょう。会社勤めで自分にばかり仕事の負荷がかかっているのなら、思い切って退職してください。今の世の中は保証制度や在宅ワークも多く揃っているので、次のリカバリーも利きます。

完璧主義?誰かにそれを押し付けないで!

相手の期待に応えようと何事にも真面目に取り組み、成果を出せるようになれば素晴らしいです。ですが他の人にもそれを押し付けてしまえば反感を買う恐れがありますし、また両者の温度差が原因でトラブルにもなります。

このタイプが組織のリーダーにいると、部下に過剰な労働を押し付けることが多く、現在問題となっているブラック企業の原因にもなるのです。向上心を持つことは大事ですが、過剰に押し付けては信頼を失います。

マイナス面を見ないで

完璧を求めるあまりに些細なミスでも責め立てて、次第に怒りが湧き上がってくる人がいます。確かに問題点を治すことは必要ですが、一方的に言われ続けては相手もやる気を失うので、まずは失敗を許してあげましょう。

相手の人格や結果を否定しないで、その上で一緒に反省点を考えるのがリーダーの役目です。責めるだけでは人は育たないですし、またやる気だって持てる訳がありません。相互理解ができるように心がけて下さい。

まずは肯定する習慣を

誰かに褒められたら人は嬉しくなります。相手に何かをしてほしい場合は、まずは自分が相手のプラスの面をしっかりと理解して、とにかく褒めてあげましょう。そうすれば、相手だって自分の望みを叶えてくれます。

逆に向こうから褒められた時も決して疑わないで、素直にそれを受け止めてください。謙遜をしたくなったとしても堪えて、相手の話に耳を傾けましょう。謙遜も行き過ぎては相手の気持ちを否定することになるので、あまりいい結果を導かないのです。

自分と向き合うには?望みが何かを知る!

自分を幸せにできるのは自分だけです。誰かの力を借りることは必要ですが、その人は自分ではないので全ての理想を叶えさせるのは難しいです。その為、自分と向き合う時間を作ってみましょう。

忙しいせいで時間が取れないのであれば、まずは自分に任されている仕事を俯瞰して、誰かに力を借りることです。もしも自分に任された仕事の量が明らかに多い場合は、あえて手放さなければいつか限界が来ます。

自分と向き合うと言っても、特別なことをする必要はありません。自分の趣味に没頭したり、または悩みをSNSやブログで打ち明けてみましょう。誰かに悩みを知って貰えば、解決の手立ては見つかります。

自分のSOSを知ろう

食欲が減退したり、または寝不足を実感しているのであれば病院に通いましょう。やりたいこともできず、ただ外部から任された仕事をやらされ続ける毎日を過ごしていては、遠くないうちに体を壊します。

何か支払わなければいけないお金があるせいで仕事をしなければいけない時は、まずは弁護士や自治体に相談をしてみましょう。債務整理を依頼することが可能なので、当面の問題を解決することも可能です。

誰かに為に頑張る?やりたくないなら駄目!

大人の無神経な発言が原因で心に深い傷を負っていたら、まずはその傷を受け止めて、その上で信頼できる相手に相談をしてみましょう。自分一人で解決できる問題ではないので、誰かの力を借りることが大事です。

自己責任という言葉が蔓延していますが、何から何まで自己責任にしては息苦しくなります。人は誰でも一人では生きていけないので、助けが必要な時は遠慮なく助けてもらえばいいのです。極端なことを言えば、水や電気も誰かの助けがあった上で利用できていますから。

自分自身を大切にして

自分の意志を無視してまで人助けをしても、どこかで無理が出ます。スケジュールや現在のお金が厳しいのに、誰かの支援をしても不満足な結果になりかねないですし、またその前に自分が限界を迎えてしまいます。

断るべき時はきちんと断ってもいいのです。それで信用を失ってしまう不安に陥っても、無理をしてまで実行しては逆に迷惑がかかります。それを避ける為にも、まずは自分の意志を尊重してあげましょう。

嫌われてもいい?まずは自分を理解すること!

アダルトチルドレンの人は誰かの目を極端に気にします。もしも自分の感情を上手く処理できない場合は、精神科でカウンセリングを受けてみましょう。先生に相談することで、何か解決のきっかけが掴むこともできます。

対人関係が苦手だったとしても、それを悪いことと思う必要はありません。例え今は苦手だったとしても、将来には改善されている可能性があります。それを信じて、自分の心を癒すことを優先させましょう。

決して簡単に解決することはできないので、時間をかけてゆっくりと自分の感情を理解してください。自分の好きなことを見つけて、それを成すには何をすればいいのか。無理のない範囲で、探す時間を作ってみましょう。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ