自己否定から始まり、自分はダメな人間だと考える人達

「何をやってもうまくいったという自信が無い。自分はダメな人間だ。どうせ自分なんか。見放されるとどこかで感じてしまう。」

こういった不安を常に抱えているので、行動や言葉に出ていませんか?その不安は過剰なまでに行動に現れ、一緒にいる人に迷惑をかけるほどです。その迷惑な行動は最も近い人にしか表しません。

一緒にいても、愛情や思いやりを注がれても、不安が過ってしょうがないのです。この考えは幼少期の育った環境により作られると言われています。そのような人達をアダルトチルドレンと呼んでいます。

自分に自信が持てない

とても頭が良い人で周りから称賛されている人でさえ、アダルトチルドレンの人は自分に自信を持つことが出来ません。「自分に自信を持ってしまえば、それ以上に伸びることはなくなるから」など最もらしい言葉を発しますが、心の底では『まだダメだ』『これくらいじゃダメだ』というどこからともなく湧き上がる恐怖が支配しているのです。

幼少時、一番愛情を注がれるはずの親から「お前は何をやってもダメだ」など否定をされ続けたことが原因だと言われます。親に褒めて貰おうと色々なことをしますが、何をしても評価されずに育った環境が自分に自信を持つことを諦めてしまいます。

心を閉ざしてしまう人もいれば、自分なんて何をやってもダメなんだという考えを植え付けたまま成長した結果です。

恋愛で例えると、常に相手の行動や心を試してみたりします。わざと突っ放してみたり、キツイ事を言ったりして相手が離れないかどうか試すのです。

そのキッカケは理不尽なものかもしれません。どうしてそうなるの?どうして?という疑問が多く感じられる相手はアダルトチルドレンかもしれません。

人の視線が気になる

対人関係がうまく保てません。会社員として集団の中で働くことが難しかったりします。話そうと思えば普通に会話は出来るのです。ですが、他人と話すととても疲れます。

こんな事も知らないのか…など心に思いながら相手を馬鹿にしていたり、この人と話をしていても自分の為にならないなど感じています。ですが、会話が無くなると自分がつまらない人間だと思われるかもしれないなど不安も感じてしまうので、嫌でも長話になる傾向にあります。

常に勝ち負けの概念を持っているので、近所の人のうわさ話レベルの話であってもあんなやつに負けるのは許せない。世間に勝たないと意味がない、など常に勝った負けたの判断をします。自分で自分を追い詰めるような考えをしてしまうのです。そして疲れきってしまうと、「もう人と会話なんてしたくない」と考えます。

一緒にいる人が「なんだそんなこと?気にしなくても良いじゃない」と気持ちを軽くしようとかけた言葉でさえ、アダルトチルドレンの人は「この人は自分の味方じゃないんだ!」と考えてしまいます。

家族や恋人は常に自分を心配してくれて、自分を見てくれていないと不安でたまらなくなるのです。

自己否定の裏側に見えるもの

アダルトチルドレンは、自分に自信が持てずにただ引きこもっている人とは違います。自信が持てない分、相手に馬鹿にされたくない、相手に勝たないといけない相手の興味を引き付けようと勝手に心が騒ぎます。人を引き付けてしまうことも少なくは無いのです。人の気持ちの変化に敏感に気が付くのも特徴としてあげられます。

普段あまり話さない人でも落ち込んでいたり、何かいつもと違うと感じると誰よりも先に声をかけてしまっていることも多いのです。ただ、多くの人と触れ合うのはとても疲れます。

気を遣ってしょうがなくなるからです。そして自分に自信が持てないからこそ、傍にいて欲しい相手には厳しく当たってしまうことも多いのが特徴です。

傍にいて欲しい人には、常に愛情が確認されないと不安でしょうがなくなります。相手は普通に接しているつもりでも、アダルトチルドレンの人にとっては冷たく感じたりするのです。

常に愛情を求めている悪循環

こんな自分でも愛してほしい。見放さないでほしい。

その愛情を求める様は異常なほどです。酷くなれば、自分は何をしても相手が離れないようにマインドコントロールまでしてしまいます。

相手を否定し続け、自分がいないとダメなんだという考えを植え付けます。時には罪悪感を植え付けて、被害を受けている自分の為に何かしないと大変でしょ?と相手を考えさせ離れられなくさせてしまいます。

この悪循環から逃れるには、残念ながらアダルトチルドレンの人と離れるしかありません。お互いが自立しないと変わらないのです。

自分達が厳しくならないと改善しないのが現状です。相手のことを真剣に考えるなら完全に断ち切ることが必要です。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

One Response to “自己否定から始まり、自分はダメな人間だと考える人達”

  1. しまだ より:

    少し進化して、人と触れ合うのを辞めました。
    会う機会は最低限、心は一切通わせなくしています。
    残念ですが相手と自分のために。
    合理的に考えすぎと思っているのですが、周囲や自分の様子を見てみようと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ