自責の念、自分を追い詰めることをやめるには?

何事も完璧であることはすばらしいことであり、なかなかできることではありません。しかし人間は完璧である必要はありません。

失敗をするのも人間なのであります。完璧であることが全てでないことを認識しましょう。そうしなければ爆発としてしまいます。素直に笑うこともできなくなるかもしれません。

何事も楽しみながらするこれも必要なのであります。

はじめからレベルを高くするのはやめましょう

自己のレベルをより高く設定とし、実行とすることはやはりしんどいものです。楽しむことも難しいでしょう。スキルをあげることはよいことではあります。

しかし常にハイスピード、常に全速力となればいつかは息切れをおこしてしまいます。ときにはゆっくりとした時間は必要であります。

張りつめた風船はいつかは割れてしまいます。割れてしまっては手遅れとなることもあります。その前に一呼吸おきましょう。

完璧を求めすぎるのも厳禁であります

期待をするのは悪いことではありません。

しかし期待すぎるのも相手を苦しめる要素となるのです。相手を思いやる気持ちが大切であり、相手を大切と思うのであれば過剰な期待はやめましょう。

期待に対して柔軟に対応とできる方もおれば、できない方もいるのです。自己のレベルを相手に押し付けるのもそれは相手を追い詰める要素ともなるでしょう。

自己のレベルや考えは、あくまで自己のものです。それが全てではないことを自覚としましょう。

世界中には多くの方が存在します。考え方も理解力も実力も多種多様なのです。固執した考えはやはり相手を苦しめ、そして追い詰めるのです。大切な人を苦しめる要因を作り出すのはやめましょう。

それが自己の苦しみともつながることがあります。また、苦しみは連鎖となることもあるでしょう。

多くの苦しみを増やさないためにも、周りのことを理解する、これを念頭におきましょう。その意識の変換が大切であります。固執な考え方が相手を追い詰め、自己を追い詰めるのです。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ