アダルトチルドレンは自己を認めて欲しくて完璧主義に

アダルトチルドレンとは、幼少期に親との関係がうまく持てなかったり、親と子供の役割が逆転してしまったりなどの複雑な環境で育ち、機能不全家族と呼ばれています。

幼少期に家族として与えられるべき愛情の欠落や、絶対なる安心感の欠如は、その後子供の成長に大きく影響します。

両親に自分の存在を認めてもらえず大人になり、自分で自分を認めることができず苦しみます。

完璧主義になるアダルトチルドレン

不安定な家族の中で育ち、十分な愛情を与えられず育った場合、自分に自信を持てず、他人の前で自分の気持ちや、意見を言えず押し殺してしまいます。

一番安心できるはずの家庭の中で、常に緊張と不安を抱えていたため、他の人から自分の存在を認めてもらいたいという願望が人一倍強く、仕事や成績で一番を取ろうとします。

自分に対して厳しくなるあまり、それを他人にも同じだけ求めてしまい、物事を適度に行う人は、いいかげんな人を嫌います。そのため友人ができにくく、できても、うわべだけの浅い人間関係になってしまうのです。

完璧主義のアダルトチルドレンが抱える問題

自分を認めることができず、自分に対して過小評価をしています。自尊心の欠如している子供は、完璧に事をなそうとするあまり、失敗することを恐れて、気づけば身動きが取れなくなってしまうこともあります。

物事を最後までやり抜くことができず、そんな自分をまた責めてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

また、他人からの評価を過度に気にするため、厳しい評価をされるのではないかといつもビクビクし、不安を抱えています。

自分が行ったことに対する評価が得られないと、急に会社を辞めてしまったり、自宅に引きこもって誰とも会話しようとしなくなったり、逆に、人から注目を浴びようと犯罪を起こしたり、極端な行動をとります。

完璧主義のアダルトチルドレンの人間関係

完璧主義になるあまり、目標の基準値が高く、自分や他人のために、しなければならないとか、するべきだなどと決めつけ、強制的な行動をとってしまい、周囲との調和や協調性が時に失われてしまうことがあります。

また、自分が求める理想が高すぎるため、それに到達できない場合に、自分を必要以上に責め、劣等感を抱き、自尊心を傷つけてしまいます。

そして他人にも同じように高い要求を求め、それが果たされないと、相手を責めてしまいます。相手を変えようと、自分の価値観や考えを押し付けてしまい、人間関係を壊してしまう傾向にあります。

このように完璧主義のアダルトチルドレンは自分の理想が高く、それを達成しようとするあまり、気づけば自分の首を自分でしめるような状態になります。そして、他人へも同じだけのことを求めてしまうので、他人の存在も否定することにつながってしまい人間関係がこじれてしまい、またそれにより自信が持てなくなってしまいます。

まずは、これで良いのだと、たとえ目標を達成できなくても、その現状を受け入れることが、完璧主義からの脱却の一歩になるのです。考え方や、見方を変えることで、もっと楽に生きていけるようになります。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ