機能不全の家庭で育ち普通の家族へに憧れて 女性 40歳 M.N.さん

子供のころから両親から褒められたり、よくいわれたりすることはありませんでした。家の中でも両親は喧嘩も多くて、いつも父親が帰るのが遅いといいなって思ってしまう家庭でした。

特に、父親は、人をばかにした発言ばかりをしていて親戚などから嫌われものです。子供の私からもフォーローのしようがない父親で、なぜ母親がこの人と結婚したのだろうって思ってました。

普通の家庭への憧れ

小学校へいくようになってからかなり我が家は変わっているなって感じていました。ただ、変わっているのが自分でも嫌だと思っていましたがどうしようもできなかったです。他の家では、自分の家のようにお手伝いがないというのと、父親が暴れないというのがうらやましかったです。

母親が仕事をしていたので晩御飯を作ったり、父親の酒のおつまみを作ったりかなり家のことを小学生からしてました。お手伝いをしたからといって感謝の言葉があるわけでなくしないと怒られるの仕方なくしていました。ただ、子供のころから料理を作っていいたので今は料理がうまいといわれるのが救いです。

家のことに追われる生活

今、思えば子供の時にかなりの量のお手伝いがあったので、友達と遊んだりしたことがほとんどありません。家のことをしないと父親になぐられるかもしれないし、母親は助けてくれないし、「なぜ、もっと家のことをしないのだ!」と言われるので学校でしか休息できるところはありませんでした

そういう状態なので、学校での授業はなかなか身につきません。ただ、好きな国語はそこそこ成績がよかったのですが、後は本当にぼんやりと授業をこなす学校生活を送ってました。夏休みが来ると家のことをたくさんしないといけないし、親が夏休みの宿題を手伝ってくれることもありませんの、9月の始業式が待ち遠しかったです。

大人になってから

そういう落ち着かない環境でいたので、中学、高校でも成績はよくなかったです。妹も成績は悪いのに公立高校じゃないと行かせないというわがままを両親が言うので遠くの工業高校にしか受からなくて通ってましたが結局中退しました。ただ、弟だけを男だからという理由で塾に通わせたりしているのはうらやましかったです。

あんまり自分に手間をかけてくれる環境でなかったので、仕事や恋愛に溺れました。とくに恋愛は手軽に溺れることができたので、依存的になってました。恋愛だと相手から求められることが快感でした。

親から否定されて育っているので、恋愛で身体が目的にしろ相手が自分に夢中になってくれたり、褒めてもらえるということは私に自信をつけてくれました。ただ、長続きしなかったり、お互いうまくコミュニケーションをとれる関係をなかなか築けなかったです。もっとも、悪いいい方をすると数をこなしてなんとなくコツがわかってそこから応用して付き合えるようになり結婚生活をいまでは無事に送ってます。

アダルトチルドレンの連鎖から抜け出したいあなたへ

アダルトチルドレン卒業セミナー:境界線と自分軸【動画配信版・DVD版】

「アダルトチルドレンは、必ず克服できる!」
アダルトチルドレンを生みだす機能不全家族は親から子、子から孫へと世代間で連鎖していきます。あなたが家族から心の傷を受けて育ったことはあなたの責任ではありません。あなたの出来ることは心を癒すことです。あなたが心の傷に向き合い、癒すことが出来れば、あなたは人生の幸せを感じることが出来、あなたの子供にもいい影響があります。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

「アダルトチルドレンの生きづらさを解消できる!」
仕事、家庭、育児などで人間関係がうまく行かないことから、運が悪い、自分は不幸だなんて思う悩みまで自分で解決できる12ステップになっています。本来の自分を取り戻して生きづらさから解放されたいあなたにお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ